TUBE(試写会)
「シュリ」のスタッフ制作、韓国版「スピード」シルミド風味。
観に行く2日前、辛口映画批評で「今週のダメダメ」に選ばれているのを目にしてしまい、もう萎え萎え。

観た感想としては、「ダメダメ」と斬り捨てられるのも分からんではない。
が、私は嫌いじゃないです、この映画。
冒頭、突如として始まる銃撃戦。撃ちまくる感じがシュリっぽい!

あらすじ。
シルミドな理由で前大統領に恨みがあるテロリストのギテク。
ギテクのテロで恋人を失い、復讐に燃えるチャン刑事。
ギテクは爆弾を仕掛けて地下鉄を乗っ取り、前大統領の命を要求する。
地下鉄に乗り込んだチャンとギテクの戦い。
暴走する列車の乗客を救おうとする地下鉄管制センターの面々。
シルミドな極秘情報を守るためには犠牲も厭わない前大統領。
それぞれの思惑が絡まって、列車は最悪な事態へと突き進む・・・。

メモ取りながら観てたんですが(無謀)、ちょっと抜粋してみましょう。

けーさつよわすぎ。やくたたずー
なぜなぐりあいなのだ?
前大とーりょーアホだ 男気もない。死んだ魚の目
かんせいチーム カコイイ 室長おとこまえー
チャンのドジー

どうでしょう?(どうでしょうって言われても・・・)
褒めてるのは「地下鉄管制センター」の面々だけ。
権力に屈せず、信念を貫く。乗客を救うのが俺たちの任務だ!ってね。
この映画、あと30分あったら違う結末になってたに違いありません。
戦闘と愛で時間食っちゃったんで、チャン刑事、あとヨロシク!ってな締め。

それとね。
権力を振りかざして軍と警察を動かす前大統領ですが、現大統領の存在がナッシングだったのは傀儡政権だからとかなんですか?
[PR]
by nagikoku | 2004-11-15 20:27 | 英数の映画
<< ハウルの動く城 コラテラル >>