トゥー・ブラザーズ
仔トラ観てきました!仔トラのために観てきました(本気)。
親子兄弟が引き裂かれる展開だと知っていたので、いつ「その時」が訪れるのかとハラハラ。
石っころにじゃれたり、怯えて木に登って落ちかけたり、愛くるしくて

猫科バンザイ!

ほぼ全編にわたって、口半開きで観てました(アホな子ですいません)。

ヒトにもトラにも感情移入してしまい、何度胸が潰れそうになったことか。
トラが、実に巧く擬人化してあるのです。もちろん良い意味で。

老いたトラがクマルに見せる優しさ。
闘いの場で再会した兄弟に、ふと訪れる「あの」瞬間。


悲しい別れや再会を繰り返し、ずっと締めつけられっ放しだった胸が、ピンポイントでふっと解放されるわけです。
たまらんですよ。涙腺にも来ようってもんでしょ。

とりあえずもう 猫科バンザイ!
[PR]
by nagikoku | 2004-11-15 20:40 | た行の映画
<< アイ,ロボット 茶の味 >>