大胆予想!「容疑者 室井慎次」って?
ちなみに、私が「踊る」でいちばん好きなのは室井さんです!

8.25 「容疑者 室井慎次」観ました♪

私は今までこんな話だと思ってました。
交渉課準備室を作ったりしてる室井管理官を、煙たがってる人たちが上のほうにいて
弾丸ライナー事件を契機に、なんか重箱の隅をつついたような細かい規則違反とかをあげつらってチクチクチクチク突付いてみたり<スイマセンなんかニュアンスで分かって下さい
要するに引きずり降ろしてやろうという汚い策略によって囚われてしまうのかな、と。
「容疑者」というタイトルも大げさに言っているのだろう、と。

でも「交渉人」のラスト、スリーアミーゴスによる予告編のショットでは
完全にお縄になってました。手錠かけられて連行されてました。
つまり室井慎次は、大げさでなくれっきとした「犯罪者」扱いなんですね。
でも何の嫌疑で・・・?

それはずばり、弾丸ライナー事件の自作自演

思えば「交渉人 真下正義」では腑に落ちない点がありました。

 ・ なぜ真下を道連れにしなかったのか
 ・ なぜクモに爆弾を積んでなかったのか
 ・ なぜか根拠のない勘が当たりすぎる(真下、爆弾処理班)

もし室井さんの自作自演なら、

 ・ 真下を死なせるわけがない
 ・ 犠牲者を出したいわけがない
 ・ 仕組まれてるんだから当たり前

ってことで、説明がつくんです。
おそらく犯人の死体は見つからないでしょう。
車は遠隔操作されていたはずです。少なくとも地下駐車場から出てきたときは。

警視庁のHPに犯行予告ができたのも
イタズラ電話の記録に残った声が犯人だったのも
内部からなら、細工できそうなもんじゃないですか?。<ナギの浅知恵ですので、ご容赦を・・・

さらに室井さんには動機もあります。
半ば独断で進めている「交渉課」の必要性をアピールすることです。

室井さん、すごく怪しい。

それとね、ちょっと気付いたんですけど、この映画のキャッチコピー。
正義に裏切られた男
正義とはジャスティスではないかもしれません。
真下「正義」。

うっわ~。意味深~。偶然かもしれんがすごい一致だ。
どういう意味で真下が室井を裏切るのか、そんなんは知らんけど。<このへん笑って許して

とはいえ、室井さんが犯人だなんて、ありえないので
真犯人をさらに大胆予想。<長々とスイマセン

ずばり警視庁のお偉いさん。室井さんを逮捕した人たち。
自分たちでやって、濡れ衣を室井さんに着せて、お払い箱と。
だとしたら、真下が犯人に勝っちゃうトコが解せないんだけど。
交渉課の必要性は認めてるってことかなあ。室井さんだけはどーしても邪魔だったとか???


まあ、お偉いさんたちがそこまでして室井ひとりを陥れるってのも大掛かり過ぎて解せん。
でも、全く別に真犯人がいる、というオチだと、当たり前すぎて面白くない。
何よりそれだと「正義に裏切られた男」っていうキャッチコピーの意味が分からんし。

ということで、かなり行き詰った感のある大胆予想ですが(苦笑)
室井さんの嫌疑は「弾丸ライナーの自作自演」。間違いありません!<まさか!のミステリー

で、皆さんは次回作「容疑者 室井慎次」についてどう思われますか?

 こんな伏線があったよ、とか
 もっと深読みしてみました、とか
 論理的に考えたらこうじゃないの?とか
 そんなものはないが勘だ!(笑)とか
 勘も働かないが、自分はこんな展開を期待している!とか
 とにかく「踊る」シリーズが大好きだー!とか<趣旨だいぶチガウ

皆さんの予想などなど、お聞かせいただけると嬉しいです。
コメントでもトラックバックでもかまいませんので。お待ちしてます♪
[PR]
by nagikoku | 2005-05-12 01:00 | 映画つれづれ
<< 炎のメモリアル(試写会) 「踊る」 例えばこんなスピンオフ >>