ライフ・アクアティック
人生は 冒険だ

この映画、順調に行けば
仲間を食い殺したサメに復讐する という単純なお話なんですけどね。
障害が多すぎて、あーもー進みゃしないー。
横道それすぎだよと思っていたら、実はその横道こそが本筋だったというお話。
観終わってから気付いた私・・・。<ハリウッド映画の観すぎかも

予告編にもありましたが、
ヘルメットにアンテナをつけて音楽を聴くシーンでの、ズィスーの腰つき。
このゆるゆる感がたまらんのです♪<ココいちばん好き
ま、ゆるゆるなくせに最初から最後まで死人が出まくりなんですが。
シリアスに受け止めていいもんかどーか、迷うわ~。

この映画でツボだったところと言えば・・・。
・肩をすくめて「リベンジ」と言うズィスー。
・「あとは自分で書け」とサインを途中でやめるズィスー。
・「あんなのは全てジェラシーだよ。・・・だが傷つく」とピアスを投げ捨てるズィスー。
「謝るのは苦手だから省略する」と言い放つズィスー。
・ベラフォンテ号のサウナにはマッサージ師が常駐ですと。
偵察係の白イルカが可愛すぎて困る。困るったら困る。
・歌いっ放しのクルー。しかも超上手い、と思ったら本物のミュージシャンだよコイツ。
・3本足のコーディくん。ちゃんとテロップにも載ってたね。

終盤、ベラフォンテ号がどこに向かっているのか見失いがちで、
いい加減サメのことなんかどーでも良くなっちゃってたワケ。
「親友が食われたんだろ!?なら案内しろよ!」というネッドの喝に
(・・・あー、まだやるんだー)などと思う始末。<ごめんよエステバン!

そんなネッドが、まさかあんなことになるとはねえ。
フツーの映画なら、ヘリの故障はクラウスが犯人なんですが。
いやいや。<マジでハリウッド映画の観すぎだよ

最後に。
ベラフォンテ号が欲しいよー。偵察係の白イルカも欲しいよー。
チーム・ズィスーのユニフォームも一式欲しいよー。<サイズはMでヨロシク~

こーゆーテイスト大好き♪
これだからミニシアター通いはやめられないんだな~。
[PR]
by nagikoku | 2005-06-26 00:00 | ら行の映画
<< フライ,ダディ,フライ(試写会) 最後の恋のはじめ方 >>