恋する神父
仕事休んでシネマデイ♪(本当)

この映画、予告編がヘビーローテーションだったので、いろいろ予想してたんです。
予想というより妄想かもしれませんが。興味ある方はコチラ

予想はほとんど外れました(いつものこと)。でもね、嬉しかったことがひとつ。
ラストを A と B の2通り予想してまして、
「Bであって欲しいけど、きっとAなんだろーなー」
とあきらめモードで観ていたら、Bだったのです!!(何のこっちゃですな)

先に観た友人が「型にはまってて『コレが韓国映画かあ』って納得した」とか言ってたので

 悲恋 に違いないと踏んでたのに。

嬉しい誤算とは、まさにこのこと。

今にして思えば、ラブコメなのに悲恋だなんてお話になるかい。なワケですけど。
やっぱり、ラブコメとハッピーエンドは抱き合わせ販売が基本ですよね!
ホント良かった。

さて内容です。
・ギュシクの神父服 裾の長い服って、長身が映えるから素敵。
・結婚式の聖歌隊 一緒に踊りたくなっちゃった。サントラは買いですね。
・ラブホのヌードポスター マジックで服を着せるギュシクが可愛い。クロスも持たせる芸の細かさに脱帽(笑)。
笑えるシーンはいっぱいありすぎて書ききれません。ラブコメ大好きです!
・ハ・ジウォンちゃん とりあえず全部可愛い。とにかく可愛い。抱きしめたい。

ギュシク「ベネディカムス ドミノ♪」
全員「デオ グラシアス♪」
真面目で成績優秀なギュシクは「委員長」みたいな役割なんでしょうね。
言葉の意味は全然分からんのだが、コレ毎朝やってんのかなあ。

この起床の挨拶(?)、特別修練に行った先でも律儀にやってますが(さすが優等生)、
ソンダル君が「とりあえずお付き合い」って感じなのが実に微笑ましいの。
そして、このソンダル君が、実に名脇役なんですよ。
ギャグ担当かと思いきや。

サボることしか考えてなかったソンダルが、いつの間にか(ギュシクが恋にうつつを抜かしている間にだよ)奉仕活動に目覚め
「俺、自分が怖い。本当に神父になるかも」
と言い出したり、
授任式を控えたギュシクの恋の悩みに
「それは罪じゃない、愛だ。神はお前を誇りに思うはずだよ」
などと、さらりと答える様子なんかは

すっかり神父の顔。<惚れるかも

そのとき思いました。ソンダルみたいな神父様がいいなあ、って。
そもそもイケメンな神父なんて、信用できます?
え?いや、ソンダルがどうとかじゃなくてね(笑)。

さて、最後に私の罪を告白します。
ソンダルが「司祭はスプーンといっしょ」とか言うシーン。
「ああ、『すくう』ってことね」
と、至極当たり前に心で頷いた私。
神よ、こんな私に苦行をお与えください・・・。
[PR]
by nagikoku | 2005-09-01 00:00 | か行の映画
<< 愛についてのキンゼイレポート 容疑者 室井慎次(試写会) >>