愛についてのキンゼイレポート
良い邦題つけたものだと。
タイトルだけで観に行くと、ビックリするかも?R15指定の意味がよーく分かります。

生物学者のキンゼイ教授が、「ニンゲンの性」を調査するお話。
コレが興味本位じゃなく、自分の結婚初夜の悩みがキッカケになってるってトコがいい。

刺激的な映像もありましたが、
(同性愛に不快感を持たれた方もいたでしょう。あんなん序の口とは思いますけどネ)
私は何度か胸をしめつけられるシーンがありました。

虐待された少女のレポートを読みながら、キンゼイが自分の無力さにむせび泣くシーン。
「あなたのレポートで救われた」と、同性愛の女性がキンゼイの手にそっと触れるシーン。

なかでも、反目しあってきた父親との和解シーンには涙があふれました。
厳格すぎる父と反目しあってきたキンゼイ。
その父親が、幼いころ拘束具をつけられたことを告白し
「つらかったろう」
とキンゼイがいたわるシーンです。
父親は「こんな下らん話を聞いて、無駄骨だったな」と去るわけですが
間とか表情とか仕草が、言葉以上に雄弁で。

私、ホントに親子モノに弱いんだなあって思います。
「十二人の怒れる男」にも、容疑者の少年と自分の息子を重ね合わせて「有罪」と叫び続ける頑固な紳士がいました。
息子への感情が「憎しみ」ではないと分かるシーンが、いちばん心に残っている私です。

っと、話を戻して。

自分が普通なのかそうでないのか。
何が正しくて何が間違っているのか。

やっぱり気になるものです(性に限らず)。
私なんか、
「大人になったら何になりたい?」と聞かれ
「『普通』になりたい」と本気で思う子供でした(口に出したことはありませんが)。

みんなちがって みんないい (by 金子みすず)

これを証明したのが、キンゼイレポートなのですね。

・・・エンドロールにも、なにやら刺激的な映像が盛りだくさんだ(笑)。
[PR]
by nagikoku | 2005-09-02 00:00 | あ行の映画
<< ネコが訴えられたとな? 恋する神父 >>