目指せ!「ヒナゴン」全国上映っ
 DVD発売決定っ(2006.1.27)。DVD派の方はどうぞ~♪

 「さっぽろ映画祭」で上映されました!
 東京、大阪、名古屋につづき、宇都宮、福岡での上映が決まりました!
 ありがとうございます!ひきつづき応援お願いします!


広島発の映画「ヒナゴン」を知っていますか? → 公式サイト
地元ではロングランヒットとなりましたが、どうやら全国では上映館が少ないようです。
そこで、偶然にもココに来てしまった あなたにお願いです。

「ヒナゴン」上映に力を貸してください!

あなたの地元の映画館に「ヒナゴン観たいよ~」ってリクエストして頂きたいのです。
直接伝えるのが難しければ・・・(ちょっと恥ずかしいですよね、やっぱり)
地元シアターのホームページがあるなら、メールや掲示板で。
館内に「ご意見BOX」みたいなのがあるならそこに。
さらにミニシアターなら、リクエストの効果大です。

地域の映画館に声を届けられるのは、映画を楽しんでいるあなた自身です。
そして、あなたの映画歴の中に「ヒナゴン」が加わることを願っています。

では、映画「ヒナゴン」をちょっと紹介しますね。

1970年代、広島で起こったという「ヒバゴン騒動」をもとに、
重松清が書き下ろした「いとしのヒナゴン」を映画化したものです。

ヒバゴンというのは未確認生物、分かりやすく言えば「雪男」みたいなもんですね。
比婆郡だったからヒバゴンなわけです。
アレンジして比奈町のヒナゴンになってます。
ヒナゴンって呼び名、なんだか可愛いくないですか?

そのヒナゴン騒動に、財政難による市町村合併も加わって大揺れの田舎町。
その様子を、シリアスも含みつつのコメディタッチで描いています。

いやね、もうね、キャラがすごく良いの。
破天荒な元ヤン町長イッちゃんの、矢沢永吉リスペクトぶりと言ったら・・・!
思い出しても顔が勝手に笑います(怪)。

そしてイッちゃん役の伊原剛志さんを始めとする、豪華な役者陣。
井川遥、上島竜平、嶋田久作、鶴見辰吾、松岡俊介、柳家花緑・・・夏八木勲。
豪華さが作品の質と比例しないのは分かってます。
でもあえて言おう。

このキャストで限定上映なんてありえないと。

皆いいキャラなんです。しかもキャラが生きてるんです。観なきゃ損だって。

そんな私は、このたび「ヒナゴン」応援ホームページのヒナゴンリングに参加しました。
(基本的に個人で運営されているサイトです。その情熱には頭が下がります)

あなたの街の映画館でも、「ヒナゴン」が上映されますように。

少しでも興味が出てきたあなた。ぜひ公式サイトをご覧くださいませ。
私は予告を観て、主題歌(奥田民夫「すばらしい日々」)を聞いて、観る!って決めたから。

最後に私の「ヒナゴン」感想はコチラ
少々ネタバレありです。映画鑑賞に差し支えるほどではないと思いますが、ご注意を。
[PR]
by nagikoku | 2005-11-01 00:00 | は行の映画
<< やってみんさい裁判員 シカたない >>