私の頭の中の消しゴム(試写会)
立ち見も出るほどの盛況ぶり。
前日にチケット引き換えておいて良かったわぁ。

序盤のうるるんポイント。
「お父さん。私が憎いでしょ。娘が不倫して。警察にも呼ばれて」というスジンに
「そうだったっけ?」とすっとぼけるお父さんに、うる。
「いい人を見つけて幸せになりなさい」とさらに畳み掛けられて、うるるるん。

「許すとは、心の部屋をひとつ開けること」

中盤のうるるんポイントでしたが、これも元々はお父さんの言葉。
やっぱり韓国映画はセリフが命ですね。

ラストのコンビニには笑っちゃったよ。
先生、似合いすぎ。





b0057179_22422527.jpg

←風に吹かれて豆腐屋ジョニー
昨日に続いて、豆腐ばっかり買って(笑)

いつも売り切れなので、つい。
食べ切れるのか。
[PR]
by nagikoku | 2005-10-04 22:42 | わ行の映画
<< 実るほど頭を垂れる稲穂かな(意... 当たりまえだの >>