オギーが可愛すぎる件について
「げんしけん」7巻です。
読み始めたのが年賀状をすませた後で、本当に良かった。

なんかもう、萌え殺されました。
こ れ が ツ ン デ レ の 真 骨 頂 か !
1日3回ペースで読み返してしまう・・・。

「この私の恥ずかしい妄想を・・・!」という魂の叫びや、赤面コスや、
コミフェスで、笹原を凝視してしまったオギーの表情。

ガードは固すぎるほど固いけど、
ストレートに愛情表現すると、ふと崩れるんですよね。
そのノーガードになる瞬間に激萌えなのです。

そんな可愛すぎるオギーを、笹原になら任せられる!と思うわけで。
「誰にでも優しいけどそれ以上でもそれ以下でもない」(by大野さん)という笹原ですが、
やる時はやってくれる男ですよ笹は。

笹荻に萌えすぎて、2ちゃんねるの荻上スレやら、笹荻サイトやら読みまくって午前3時とかになっちゃったりして。
どーにも続きが気になって、本誌を買いに走ってしまいました。
私、コミックス派なのに。
オギー恐るべし。

次回、笹荻クライマックス。
あと3週間も、待てるもんかああぁぁ・・・!
[PR]
by nagikoku | 2006-01-02 13:01 | 日記つれづれ
<< 一年の計 野望 >>