トリノオリンピッグ キター(゚∀゚)ー!!
うわさでは聞いていたのですが、ついに公開されるようです。

映画「スキージャンプ・ペア」 公式サイト

ちゃんと設定は、2006年トリノオリンピッのようです。
実際のトリノオリンピックに合わせて公開とは、粋なことをしてくれますね。

実写映画と知ったときはオイオイって思ったものですが、
予告編を見る限りでは、ジャンプはCGみたいです。
・・・そりゃそうか。

それよりも問題は、
この映画が「ヒューマンドキュメンタリー」と銘打ってあることですよ。
スキージャンプ・ペアって、お馬鹿CGアニメーションだったはず。
いったいどーゆー話になってんだ?

予告編を見ちゃった後でアレなんですが、
総監督・真島理一郎氏は「公式サイト、劇場予告、チラシ、ポスター、テレビCM、新聞」など、ほぼ全ての媒体でネタバレがあると警告しています。

 特に予告編は映画のいいところは全て見せてしまう、最近流行のイヤな予告編です。
 テレビでもかかります。要注意です。
 イチ映画ファンとして、個人的な意見を言わせてもらうとこの手法は大嫌いです。
 最悪です。いまのような宣伝を続けていると、映画業界は観客からそっぽを向かれる日が
 必ずくるでしょう。。。
 正直あれを先に見ちゃうと面白みが半減します。断言します。
 運悪く目にしてしまったら即座に目をつぶって耳をふさいでください。


かなり強く警告してますね。以上、こちらの掲示板から引用しました。

ネタバレ予告って、私も好きじゃありません。
だって「予告以上のことが起こる」と思って観に行くわけですから。
予告でバラすなんて、お客にも作品にも失礼ですよ。

それでもそんな予告編にしなければならなかった、大人の事情があるようで。
もう見ちゃったけど、忘れる方向で検討してみます。
問題は、広島で果たして公開されるのか?なのですが・・・。

公開されたとしても、確実にトリノは終わってからですね。
ミニシアターにリクエストしておこうっと。
[PR]
by nagikoku | 2006-01-08 01:27 | 映画つれづれ
<< 南極物語リメイク 猫は家につくだなんて >>