最大の謎はオリガミ
映画「綴り字のシーズン」を観ました。

お母さんについてなんですが。
何かに苦しんでいるのは伝わってきたんですが、まさかアレとは。
前に住んでた家とか、そーゆーのかと思ってたんですよね。もしくは別宅?とか。
しかも最初が女物のピアスだったものだから、浮気問題かと勘違いしちゃったよ。
なにか色々フラッシュバックしてて分かりにくかった感じ。

ビョーキにする必要性ってあったのかな。

イライザがあんまり感情を出さない子だったのは良かったですね。
いかにもアメリカンな女の子じゃなくて。
お母さんの苦しみを感じ取って支えようとする姿に、じんわりしました。

最後の最後、スペリング全国大会の決勝サドンデスでも決めてくれましたし。
でもね、IをYに言い換えた意味は分かりませんでした。
なにか具体的な意味が?
並べ替えか?

考えすぎか・・・?

でも、お父さんとお兄ちゃんが抱き合っているのを見ただけで、感動。
ノリというか、勢いというか、雰囲気に流されたというか。
いつもそんな感じで映画を観てる私です。

とりあえず、「オリガミ」が英単語として認知されていたことが驚き。
お父さんが、予習のためにこの単語を出したとき、何かの冗談かと思ったもん。

ガにアクセントを置いて「オリガ~ミ」って(^_^;)
[PR]
by nagikoku | 2006-01-13 17:40 | た行の映画
<< 説明責任! 怒。 >>