私の視力は0.0
ネタじゃなく間違いじゃなく、実際に書類に書かれたことあります。
0.1未満しかない人は切り捨てで記入されてたみたい。
でもそんな書き方しなくても・・・と思ったのも事実です。

そんな私のハートを直撃した面白企画を発見しました。

その名も 裸眼会(らがんかい)

視力が良い人には冗談にしか見えないでしょうけど、マジですよ。
とはいえ、居酒屋で、勘でメニューを頼むところでは吹きました。
「このなますを・・・」
「それ期間です!フェアか何かの!」
テーブルに広げたメニューなんて、判別できるわけないんです。
視力0.0?の世界とはそういうものなのです。

私の視力の悪さは遺伝でもあります。
母は私が小学生の頃から心配して、いつもうるさく言ってました。
本を近づけて読むな。TVから離れて見ろ。
目が悪いと不便なんだから!

へぇ。

と聞き流してきた結果、こうなりました_| ̄|○
今なら親の気持ちが分かります。
でもその頃は「眼鏡ってカッコ良くない?」と思ってたくらいで。
親の心子知らず。

関係ないんですが、同じような企画で 腰低会(ようていかい) というのもありました。
改めて見てみると、みんな眼鏡っ子(違)。
[PR]
by nagikoku | 2006-01-22 23:02 | 日記つれづれ
<< テンション たたかうお母さん >>