THE 有頂天ホテル
三谷幸喜は日本が誇るコメディの才能だと思いますよホント。
もう好きすぎてキリがないので、簡単に言っときます。

まず、男性陣はボケ担当ですか?

自分の嘘にがんじがらめになっていく副支配人の新堂さんには、笑いを通り越していたたまれなくなりました。
「笑っていたんだろう」って、あんたが暴走して人の話聞いてなかったんじゃないのさ(笑)。
あとは白塗り総支配人とか。くねくねダンスとか。<ヨーコちゃんケータイ見せて!

そのボケたムードをきっちり締める女性陣はさすがでした。

しっかり者のアシスタントマネージャー。
コールガールのヨーコ。
桜チェリー。

特にハナ!
松たか子はたいして好きな役者ではなかったんですが、この役には惚れました。
あのカタコトのテンポは只者じゃありません。
「シャッチョサ~ン」とか言い出すかと思ったヨ(笑)。

さらに、YOUが桜チェリーをやっててホント良かったと思います。
だって社長に囲われてて、仕事を取るために体を使われて、好きな歌も歌えなくて。
どうにも救いようがなくって、どよーんとした気分になりそうじゃない?
映画「誰も知らない」のママ役でも思ったんだけどさ、
YOUが演じると、そんな救いようのなさが限りなく薄くなるんだよね。
不思議。

ラストの歌はサイコー!Wow!

歌といえばベルボーイの歌ですが、
ドンキホーテ サンチョパンサ ロシナンテ アンドレ
と聴いてました。なんで突然ベルバラ?と思ってました。
・・・&俺、でしたか(^_^;)

最後に。
「お帰りなさいませ」という挨拶に「メイドカフェかよ!」と突っ込んだ人は、果たして日本中に何万人いらっしゃったのでしょうか?<萌えはなかったが


映画@BlogRanking ← 突っ込んだ方はどうぞ♪
[PR]
by nagikoku | 2006-02-17 23:13 | 英数の映画
<< 亀も空を飛ぶ 有終の美 「Jam Films S」 >>