単なる自己中? 「B型の彼氏」
「スーパーマン!」が「スッパマン」に聞こえて、別の意味で笑えました。
などと、いきなりどうでもいい話題から。

まあ、アレだね。B型は自己中ですよ、と。それだけの話でしたね。
主役カップルに共感できなかったのは個人的に残念でした。
うっすいコメディでも、楽しいモノはめっちゃ楽しいのにね。
「ピアノを弾く大統領」とかさ。

B型の性格を強調するあまり、やりすぎ感があったように思えました。
ヨンビンはハミをどうして好きになったの?
本当に好きだったの?
という根本的な疑問が頭を離れませんでした。

ハミもねえ、普通あれだけ自己中だったら恋心は持続しないよ?
それが見えなくなるのが恋なのかもしれないけど。

でも、ハミをバカにした先生をこらしめるヨンビンはグッジョブでしたわ(笑)。
ゲイ疑惑を広めるだけのはずが、本当にゲイだった先生にもビックリ。
しかも相手は生徒だってー!?
どこまで禁断の愛なんだ!
韓国の愛のカタチも自由になってきたものです^^;

あと、「これが愛だよ」とつぶやくヨンビンには、
内心「どこがだよ!」と思いつつ惚れそうになりました。
ヨンビンの顔は好きです(爆)。

字幕版でちゃんと声が聞きたかったよヨンビン(もといイ・ドンゴン)。
吹替onlyだなんてあんまりだよー。

最後に。
どうしてヨンビンはハミを追ってバスに乗らないんだろう。
ああ、きっと貧乏でバス代がないんだな。
と思っていた私を許してください。

だって他に理由があるとは思えなかったんだもん。


映画@BlogRanking ← 血液型性格診断って信じますか?
[PR]
by nagikoku | 2006-02-05 22:49 | 英数の映画
<< 金を湯水のように! 「ミリオンズ」 血液型性格判断 >>