ざっくり
「白バラの祈り」の印象があまりにも強かったためか、恐ろしい夢を見ます。


ギロチンで処刑される夢を・・・。


せめてもの救いは「夢だから大丈夫」という自覚があることと、
実際痛みは全く感じないことですかね。
でもギロチンに首を突っ込む時に髪の毛をかき上げられる感覚が妙にリアルで(滝汗)。

嫌なのは切られる感触が分かること。
刃が首を通っていくのが分かるって、ものすごく気持ち悪い。
夢ならではの感覚ですよ。ありえない。

この夢2回も見ちゃったんですけど。
ヤメテヨー(;_;)コワイヨー

ああでも、首切られてもしっかり意識はありました。
不死身?
[PR]
by nagikoku | 2006-04-29 01:13 | 日記つれづれ
<< 虐殺の丘 ホテル・ルワンダ 流す >>