トランスポーター2 (試写会)
前日にTVで1の方を観たので予習はバッチリ。
私は2のほうが好きですね。いろいろ盛りだくさんで楽しかったです。
子供は可愛いわ、親子愛もあるわ、アクションもグレードアップしてるわ、
そして何と言っても


タルコニ警部―――!!


見よ、このキャラとしての輝きぶりを!
フランクが走る殴る蹴る飛ぶなどという前作以上のバトルを繰り広げている間、
タルコニ警部がやってたのは


クッキング♪


いそいそとマドレーヌを焼きながら、フランクの帰りを待つタルコニ警部。

新妻ですか!?

どんだけ仲良くなってますかアナタたちは。
前作で自分を語りたがらないフランクに猛烈アタック(違)していたタルコニ。
前作から4年、想いは通じたようです。幸せそうで何より何より。

フランクは相変わらずストイックでクールで熱い男でした。惚れぼれ。
乱闘シーンは時代劇の「殺陣」を思わせるほどスタイリッシュでしたよ。
消防ホースアクションも素敵ー。

 1.契約厳守
 2.名前は聞かない
 3.依頼品は開けない
というのがフランクのルールだったんですが、今回の仕事は例外。
なんでこんな仕事を引き受けたのか、いきさつが気になるところです。
今回のルールは

 ・守れない約束はしない

でした。漢だぜフランク。
問題は、フランクがジャックに「君を守る」と約束したはずの肝心なシーンを
私が思いっきり見逃してしまったらしいということだけです。なんて迂闊な・・・。

という自分の失態を棚に上げて、フランクに言っておきたいことが。
ウイルス入りの注射器を壊されたからといって、善良な刑事さんを痛めつけすぎ。
単なる八つ当たり以外の何ものでもなくって、刑事さんが可哀想でした・・・。
きりもみ墜落中の自家用ジェット内アクションはすごかったです、が。
元特殊部隊なら、墜落を阻止するくらいの力量は見せてほしかったです。
着水しちゃってどうすんの。もろとも死ぬよ。

今回の黒幕は何目的だったんだかイマイチでしたけど、まっいいか。
私は途中まで父親を疑ってました。いやあゴメンね、意外と良いパパでした。
実行犯はとにかく金目的だったってことで。
その実行犯のボスにひとこと言っておく。


それは剣道じゃねえよ。



ベッソン監督へ。
次回はぜひタルコニ警部をメインにすえて1本撮ってください。<トランスポーターじゃないじゃん
「続編は作るべきではない」という持論はありますけど、
もちろん映画は楽しけりゃ良いんです。
楽しんだもん勝ちです。

追記:タルコニ警部メインなら、続編じゃなくてスピンオフになりますね。
[PR]
by nagikoku | 2006-05-29 00:15 | た行の映画
<< エルトの里 陽気なギャングが地球を回す >>