じわじわと腎臓病の悪化している若葉です。
とうとう補液をするよう言い渡されました。
補液というのは水分点滴のことで、生理食塩水を(首根っこから)皮下に注入します。
脱水症状を緩和するために行います。

とはいえ、猫の病状が深刻だと言うわけではなく。
腎臓の負担を少しでも軽くするため、やっといた方が良いらしいのです。
分かってはいるんですけど。

毎日、私が、やらなきゃいけないのが大変です。

もちろん病院で指導を受けてOKもらってますよ。
病院でやってもらいたいのは山々ですが、処置代がバカになりませんからね。
私に限らず、自宅での補液は普通に行われているようです。

でも針刺しますからね。神経使います。

200mlも注入すると、皮下に水がたまってブヨンブヨンのダルンダルンに。
たまる位置によってはマッスルボディに見えることもあって、笑えます。
今日は右に片寄ってしまいました。右だけマッスル。
でも触るとダルンダルン。
[PR]
by nagikoku | 2006-06-13 22:35 | ねこ
<< 飲み放題 ぐらっときたらNHK >>