古代都市ギルヴェガン
もうどうにも止まらないFF12。
精霊と出くわして死ぬかと思いました。

シドの言っていた、歴史を人間の手に取り戻す、の意味が分かりました。
ただ、犠牲を厭わず大戦への道を突き進むヴェインは止めなければならず、
そうなると必然的にシドやヴェーネスとも敵対することになってしまいます。
このままだと結局オキューリアたちとヴェーネスとの代理戦争になるような気が・・・。

陰から糸を引くオキューリアたちは、帝国の元老院に似ていて好きになれません。
対するヴェーネスの言い分には賛同できます。
ヴェインとシドのやり方が問題なんですけども。

ラスラの生存は既にあきらめましたが、何故ラスラがアーシェを導くのかが分かりません。
アーシェが暁の断片を砕こうとした時には首を振っていましたし、
とにかくアーシェに破魔石を持たせたい様子です。

「破魔石を平和のために使ってくれ」というラスラの残留思念だったら良いのですが。
オキューリアの見せる幻、とかだったら嫌だなあ。

アーシェは復讐の道を選ばないとは思いますが、大戦は避けられないでしょう。

だからラスボスは誰なんだ。
結局ヴェインか?ヴェーネスか?
それともオキューリア?ゲルン王?
[PR]
by nagikoku | 2006-06-17 22:55 | ゲーム
<< リドルアナ大瀑布 飲み放題 >>