バハムート脱出
ああ終わってしまうFF12・・・。

やっぱり主人公は空賊バルフレアでしたというお話。
最後の最後でおいしいトコ掻っ攫って行ってくれました。

ただ
「はいはい、命を粗末にするのは流行らないよ」
だの
「アレキサンダーのバカジャッジを止めてくれるぅ?」
だの、ちょっと口調が変わってませんか。

 あ、ジャッジ・ザルガバースもちゃんと見せ場があって良かったですね。
 この人、一番まともな軍人の鏡だわ。


そしてヒロインはアーシェ王女。
バルフレアの行動に動揺し、
「あなたが死んだら、私は・・・!!」
って

い つ そ ん な 話 に ! ?

いきなりそんなこと言われても困ります。
バルフレアがアーシェを気に入ってたのは分かってるんですよ。
バルフレアが過去を打ち明けたのはアーシェだけですし。(フランは別格)
アルシドがアーシェにちょっかい出すたびに嫌そうな顔してましたし。
事あるごとにさりげなくそばに立ってたり。

でもアーシェは?
「殿下はきみを頼っている」というバッシュの言葉のほかは、
打ち明け話のせいでバルフレアが多少気になるって程度じゃなかったですか?
抑えていた自分の気持ちをやっと出せた、という表現なんでしょうか。
ぶっちゃけいらないと思いました。

だってそれじゃあ「Kiss Me Goodbye」はバルフレアとのことになっちゃうでしょ。

バルフレアは私のものだ!アーシェにも誰にもやらーん!(待て)
[PR]
by nagikoku | 2006-06-25 04:26 | ゲーム
<< エンディング 空中要塞バハムート >>