けいれん
若葉がけいれんを起こしました。
最初は脚がピクピクしてただけだったのですが、だんだん大きくなって、ついに全身に。

父「もうダメだ。病院連れてけ」

ダメって何がですか、お父さん!
と突っ込む余裕などもちろんなく、病院に走りました。
カモシカのように疾走しました(多分)。
病院が近所で良かった・・・!

着いた時にはすっかりおさまっていて、とりあえずはひと安心。
脳や神経系にもガタがきているので、けいれんはもう仕方ないとの事。
けいれんを抑える薬を追加でもらいました。

母「いつどうなるか分かりませんね」
先生「うん、覚悟はしといてね。って、してるよねー?」

そりゃしてますけどー。

その後、ごく普通に帰宅したのですが
私「落ち着いたよー」
父「安楽死か?」
私「いや、おさまったんだってば」
思わず裏拳で父をはたきそうになりました。

あきらめの良すぎる父です。
私の淡白なところは父の血を引いているんだなあと、つくづく思いました。
(念のため言っておくと、父はとても猫好きです)

若葉、もーちょっと頑張って父を見返してやれい。
[PR]
by nagikoku | 2006-08-22 23:21 | ねこ
<< グッジョブ若葉 ムカデ、襲来 >>