カテゴリ:は行の映画( 18 )
バットマン・ビギンズ(試写会)
ど、どうしよう。
バットマンって、こんなカッコ良かったの?
クリスチャン・ベイルってこんなにいい男だったの?<「マシニスト」しか知らんもんで
お願いだ、続編を作ってくれええええ~。過去話のリメイク超希望~!

バットマンシリーズは観たことないんですが、バットマンって「超人」なイメージがありました。
これはいわゆるバットマンのネタバレ映画。
バットマンができるまでのお話ですね。
バットマンって、人間だったんだ・・・。
バットマンって、科学コスプレニンジャだったんだ~。面白っ!

まず、体を鍛えるバットマン。<まだバットマンじゃないですって
ここで彼はニンジャとして育て上げられました。煙玉もゲットだぜ~。
ニンジャ集団の中での決戦はシビレましたね。ニンジャかっこいい。
「気配を読まれたぞ」(確かこんなセリフだった)
「お前がな」
このシーンのカッコ良さと言ったら!
「劇場版 Zガンダム」
「捕まえたよ」
「こちらもな」
にも匹敵するほどですよ!

そして修行を終えたバットマン。<まだですって
煙玉の時に教わった「演出」のため、衣装を自分でデザインします。
「1万個ほど発注しましょう」
「充分なスペアだな」
こーゆー時間と労力と財力の使い方は、個人的に非常に好きです!
バットスーツをスプレーで塗装してたように、マスクと耳をくっつけたのも手作業ですよね?
地味な努力がいい感じー(笑)。
小道具も自分でデザイン。こっこれは、コウモリ型の手裏剣だ!<かわいい~

そして、あつらえたように作り置きされていた便利道具の数々。
コスト度外視で、科学技術の粋を凝らして作られたスーツにベルトに車。
ベルトは「ウソップあ~ああ~」みたいな感じでステキ。
車はマジかっちょええ。ちょっと運転さして。<ペーパーだけど
で、マキビシはいつの間に作ってたんですか?カーチェイスで撒いたやつ。

執事アルフレッドがいい味出してました。
ここまでやってくれるなら、ブルースのピンチを神出鬼没に救ったりして欲しかったです。
大混乱もなんのその。屋根とかでうめいているブルースのそばに
「大丈夫ですか?ぼっちゃま」
と涼しげな顔でさらりと現れてほしい。
観てる私たちに「どっから湧いて出たお前わー!?」とツッコませてほしい。
アルフレッド最強伝説とか作ってほしい。<妄想が暴走中

ツッコむと言えば、警察署長の「コスプレ男だ」というセリフ。
ここはあえてキャラに言わせず、観客がひとりひとり思えば良かったんでは。
なんか、
「それ私のセリフ!セリフ取られた~!」
みたいな感じがしたのですよ。
誰も取ってないっちゅーに。

セリフと言えば、いいセリフがたくさんありました。
「メモを見なかったのか?」とか「なぜ転落を?~」とか「NEVER」とか。
特にこれらのセリフは2回出てくるんですが、
この「繰り返し」がまたグッと来るんですよね~。

キャラ、セリフ、ストーリー、俳優陣。どこをとっても言うことナシです!
あ、でも渡辺謙はフツーに日本語しゃべってたほうが良かったのでは・・・?(^_^;)

※列車衝突シーンについて。
乗客がいなかったので、悲惨さを感じることはありませんでした。
(駐車場を横滑りするシーンはまんまでしたけど)
このシーンについては、監督やプロデューサー連名のビラが配られました。
こういう配慮には監督さんたちの人徳を感じます。
[PR]
by nagikoku | 2005-06-16 00:00 | は行の映画
フォーガットン
「なんじゃそりゃ~!」というオチらしい。
ほほう、それは是非とも観てみなければ!!<自爆スキー

前半戦は、記憶物サスペンスって感じ。<何そのジャンル
記憶って、確かなものだと思いがちですが(知識は別として)
自分以外の誰にも証明することができない、不確かなものでもあるんですね。
写真からビデオからサムが消え、混乱するテリーを見て
そーゆー客観的な証拠がなくなったら、自分の記憶なんて信じられなくなるなーって。

しかも記憶って、個人的感情が伴えば伴うほど曖昧なものになるんです。
故意に記憶をねじまげるコトだってできますし。
そのことは「メメント」で思い知らされました。
だから外から見ると、テリーの記憶は妄想にしか見えないんでしょう。

でもテリーは、スゴイ事をやってくれました。
「娘さんの名前を呼ぶのよ!ローレンって呼んで!」
「・・・ローレン」

このあと、娘の記憶がフラッシュバックして涙ぐむアッシュ。ここ好きだー!
記憶って、身体にも刻み込まれてるものなんだ。<あやしい想像をしないよーに
テリーはある意味、記憶の存在を証明してみせたんですね。

さて後半戦。黒幕については、まあ想定の範囲内(古)でした。
少なくとも、予告観てたら分かるよね?<どびゅ~ん!
だから黒幕の正体については、不満ナシです。
むしろ、このオチをやった脚本には勇者の称号を与えたい。<なかなか出来ないよフツー

問題は、黒幕の目的が意味分からんかったってトコなんですが。
親子の絆を調べて、何するつもりだったんでしょう。
まあ、どこの世界でもワケ分からん仕事させる上司はいるってコトですよね。
部下もよく頑張ってたと思うよ。<合掌・・・
「忘れろーーーーーっ!!」はやりすぎですけど、
たぶん上司にリミット宣告されて焦ってたんですよ。
ああ中間管理職・・・

テリーがどびゅ~んされなかったのは最大の謎ですが、
ハッピーエンドだったので良しとしましょう!
サム可愛かったよね。
あの年頃で、母親に抱きしめられても嫌な顔ひとつしないなんて。
世のお母さん方、どう思います?

おまけの延長戦。
「宇宙戦争」もそうですけど、
「人間は悪くない!悪いのは宇宙人だ!」
みたいな世界規模の責任転嫁を感じるのは私だけでしょうか。<私だけですね
[PR]
by nagikoku | 2005-06-08 00:00 | は行の映画
ホステージ
誰か教えてください!冒頭のネゴシエーターは誰なんですか!?(笑)<髪は長~い友だち
ア○ランスのヘ○・フォー・ライフのCMに出られそうな感じです。
きっとね、あの親子を救えなかった心の傷で、一夜にして抜け落ちちゃったんだよね・・・?

助ける命を選べるか
いや選べない。どっちも助けるぞ、うおおおおーっ!というお話でした。
ちなみに「ホステージ」の意味。「家」関係の言葉かと思ってました。「お屋敷」とか。
だってセキュリティシステムに守られた難攻不落の要塞が舞台なんでしょ?

って、あの侵入され放題っぷりは何なんですかーー!!
門を乗り越えた時点でアラート鳴らすとか。玄関はカギ閉めるとか。
セキュリティシステムに守ら・・・守られてないじゃん!
犯罪大国アメリカで、この無防備さはありえるのか。田舎ならありえるのか?
現地の人、ぜひ教えてください日本語で。

強盗が不良グループだったってのも意外。プロかと思ってたもん。
でも、プロより断然怖かったですね。
無軌道な若者って、何しでかすか分からない怖さがあります。<うっ撃たないで!

対照的なのが、妻子を拉致った組織。
常に沈着冷静で、怖さは感じませんでした。不気味でしたが。
車の中でタリーを羽交い絞めにしたトコなんか感心しちゃいました。
計算しつくしてるってゆーか、経験積みまくってるってゆーか。

交渉メインの話ではなくて残念。本場の交渉術が楽しみだったんですけどね。
これなら真下くんの方が上かな~。タリーの交渉は全部失敗してますし。
でも、汚職警官を装って犯人たちを中庭に出す作戦はなかなか良かったですね。
そんな汚職警官、いかにもいそうってカンジで。<ええ!?いや、だって、ねえ?

そしてトミーくん。この子可愛かったですね。ハーレイくんぽい?<「シックス・センス」がなつかしい
秘密基地は男の子の醍醐味(?)です!!
まあ、家の中にあんな部屋作れちゃったり、ダクト広かったりするのがスゴイですが。
けっ、金持ちめ(笑)。

ダクトといえば、ジェニファーとトミーがマースに追われるシーンはめっちゃ怖かった。
ざかざかざかざかざかざかざかざかざかざかーーっ!!<ひいいいいぃぃぃぃ~~~っ!!
ナイフざっくり口に突き立てられたくせに、なんでそんな元気なの!?
って、いきなりホラー突入しちゃうもんだから、半泣きでしたよ。
助かるって分かってても半泣きでしたよ。もう。

最後、やっと妻子を助けにアジトに乗り込んだときの展開には混乱しました。
会計士パパが裏切ったと思いきや敵をバーンと撃ったりして、もう何がなんだか。
協力するならするって言っといてくださいよ。ビックリしたじゃん。もう。

キャラに「描ききれなかった深い背景」を感じましたね。
マースが死に際にジェニファーを見つめてた意味深なシーンは?とか。
原作読めば分かるんですかね~。
なるなる気になる~。
[PR]
by nagikoku | 2005-06-02 00:00 | は行の映画
バタフライ・エフェクト
アイディア勝ちの面白い映画でした。
タイムスリップ物は数あれど(?)、過去の自分の「中」に戻れるというのは初めてかも。
こーゆータイムスリップ物って、因果律やらタイムパラドックスやらを検証しはじめるとキリがないのでやめておきます。<めんどくさいとかじゃありませんよ?(笑)

きみを救うため、ぼくは何度でも過去に戻る

も少し短いスパンで人生を繰り返すのかと思ってました。
13年!そりゃ脳もパンクしますて。
でも人間って、脳細胞の数パーセントしか使ってないんじゃなかったっけ?
それなら13年を4回余計に繰り返したって、キャパに余裕はあるはずですが。

少年エヴァンの描いた殺人鬼の絵。
内容もさることながら、「子供の描くタッチじゃないよ、うますぎだよ」って思いませんでした?
記憶がないのは、未来の自分が乗り移っているから。
そっか、描いたの子供じゃないからか!<なるほど納得~!

時をさかのぼって人生を修正しても、きっと最後にツケがまわってくるに違いない。
肺がんの母を助けようとするエヴァンを、私も止めたかった。
何か恐ろしいことが起こるって。

でも違ってた。
エヴァンの決断と、ラストはとても良いと思いました。

ケイリーとすれ違ったエヴァンが彼女を追ったりして、知り合って、付き合って、ラブラブ~
というオチも頭をかすめはしましたが。

やっぱそれじゃ、イカンだろ、と。

エヴァンも、夕食の相手がママって・・・。<いくつだエヴァン
でもそんな母親思いのエヴァンだからこそ、後味良いんですよね。
レニーとケイリーがくっついちゃった時
「ケイリーを取り戻すため」じゃなく
「病気の母親を助けるため」に決心する。いい子です。

大切な人の幸せを、心から願うことのできるいい子です。
ケイリーだけじゃなく、レニーもトミーも母親も、みんな幸せになれた。

レニーが明るく、トミーが優しく変わったとき、すごくすごく安心しました。
ふたりに良かったねって言いたい。良かったね。

エヴァンの初恋は実らなかったけど・・・。<初恋は実らないのがお約束
切ないのにハッピーエンドだなんて。
切ないね。
[PR]
by nagikoku | 2005-06-01 00:00 | は行の映画
ヒナゴン(初日・舞台挨拶あり)
 目指せ!「ヒナゴン」全国上映っ ← ぜひご覧ください

 私は映画「ヒナゴン」応援ホームページのLINKに参加しています。

「ラテンパワーじゃ!!」
生で見た伊原剛志はカッコ良かったです。ビバ!ご当地映画っ!
伊原さんは、各映画館で合言葉を残して行かれたそうで。私のトコは冒頭の通り(笑)。
「気合じゃー!」と、あとひとつ(?)どなたか知ってる方教えてください。

元になったのは、比婆郡のヒバゴン。「知ってる」と言うと年がバレるかも?<ノーコメント

ご当地映画ということで、制作がスタートしたとか撮影順調だとかいろいろ情報は目にしてたんですが、ぶっちゃけ興味はなかったんです。退屈そうで。
なんのなんの。シリアスありつつのコメディタッチで面白かったです!
真面目を否定する訳じゃないんですが、「笑い」って必要ですよね。

イッちゃんの矢沢永吉リスペクトぶりが、素敵です。町長室に永吉グッズ!?
実際にこんな町長いたら、頭抱えること間違いナシなんですけど。
野次馬として見ると(笑)、こんなに楽しい事はないって感じです。
良い意味で(悪い意味でも?)ぶちこわして何かを変えていってくれそう。
考えナシに好き放題やってると見せかけて、
独裁主義に陥らず、後継者を立てる幕引きは見事でした。
 誰とは言わんが見習ってほしいもんだよね。国の宝は国民じゃ!

映画後半、比奈町で目撃されたヒナゴン。
「着ぐるみにしか見えないけど、それを言うのはタブーなのか?」
と、安っぽいヒナゴンに不安を募らせていると
「ヒナゴンが捕獲されました」
というオチでひと安心。<ハラハラさせるぜ
荒川のおじいちゃんも相変わらずバレバレで微笑ましいったら。

あ、地元民として一言。
広島弁、すっごく自然でした!!
こーゆーご当地映画って、言葉が不自然だったら台無しなんですよね。
設定上、標準語でしゃべってる人もいましたし、地元のエキストラもたくさんいましたし、
とにかく聞いてて「うへぇ」って1回も思わなかったのってスゴイことですよ。

イッちゃんはバリバリの広島弁でしたが、伊原さんいわく
「もうすっかり忘れました」
って、言うなーーーーー!<なんて正直な人なんだ!(笑)
「面白いけえ、観てみんさい」
くらいの広島弁リップサービスくらい用意しといてください。
外国人だって、日本語で挨拶するご時世ですよ?
まあ、着崩したシャツといいグラサンといい、とにかく全てカッコ良かったので許します(笑)。
2mくらいまで接近できましたが、惚れました。ええ惚れましたとも!

ナギの独断と偏見で採点♪
[PR]
by nagikoku | 2005-05-28 00:00 | は行の映画
バンジージャンプする(初日)
「甘い人生」に続き、「痛い」イ・ビョンホン再び。いや、今回は「イタイ」か?
「純愛中毒」もイタかったよね、そういえば。
痛みなくして韓国映画なし!<身も心も・・・

これはネタバレ知ってたら面白さ半減かもしれません!
良い意味で「思いもよらない展開」が楽しめました。こーゆー楽しさは久々。

私があらかじめ知っていたストーリーはこんなの。
突然姿を消した恋人。長い年月を経て、彼は恋人を見つけ出す。<嘘は言ってないな
彼女が姿を消した理由。そこがポイントなのかな、って。
違った・・・。<予想とは常に裏切られるものなのか
映画紹介も予告編も、ネタバレを自然に隠しててGOODでしたね。

「お前なんかに引っかかる女がいるか」
その瞬間、すごい勢いで立候補したお嬢さんが星の数ほどいると見た。
初日のため、館内はお嬢さんで埋め尽くされておりましたよ。ええい韓流め~(笑)

ヒロインはテヒ(イ・ウンジュ)のはずなんですが(間違いなくそうですよね??)、
真のヒロインは男子高校生ヒョンビン君でした、というお話。
とはいえ、それを確信したのはインウがヘジュをイジメ倒したあとでしたが。<遅っ
それまでは、ヒョンビン君はヒロインの弟か血縁者かと思ってたんです。
近しい人間の考え方が、似てくることってあるでしょ?
ヤラレマシタ。完敗です。<誰に

分かってしまえば、わたくしも腐女子のはしくれですので、楽しくて楽しくて。
「女ができたの?」という奥さんの問いには<結婚してたことがビックリだ
「いや奥さん、それが男なんですよ!」って言いたくてたまりませんでした。
苦悩するインウを眺めつつ、いつ激情に飲まれて一線を越えてしまうのか、ワクワク。

腐女子から観れば、男同士だって無問題!なんですけどねえ。
ダメだったみたいです、残念。
バンジージャンプ(=輪廻転生)しちゃいました。
このバンジーシーン、予告編にもちゃんとあるんですけど、見せ方がうまいです。

「次は女に生まれなきゃ」「俺も女だったら?」「それでも愛しちゃう」
なら男同士でもいいじゃんかー!<そこまでするなら性別くらい乗り越えようよ!
男女に生まれ変わるまで、バンジージャンプし続ける気ですか。
たぶん、年の差あってもダメそうですし。<どんだけ前途多難なのか

ただひとつの、永遠の愛。
それは、これ以上ないほど幸せなこと。でも、もしかしたら不幸せなことかもしれない。
その人しか愛せないなんて。
そんなことをふと考えたりしました。
でもね。
あのふたりの幸せそうな顔見てたら、そんな考え吹っ飛びますよ。
ヒョンビン君の両親のこととか、インウの妻子のこととか、吹っ飛びますよ。<かわいそうに・・・

この映画、ひとことで言うと
「どこで、どんな姿でいても、あなたを愛します」で決まり。
おおっと、これは「恋する神父」のキャッチコピーでした。<失敬失敬~

ナギの独断と偏見で採点♪
[PR]
by nagikoku | 2005-05-21 00:00 | は行の映画
炎のメモリアル(試写会)
いきなりクライマックス!?
ふつー前フリ、タイトル、本編、でしょ?いきなり落ちるんでビックリしましたよ。
そして回想シーン突入。いかにも助からないニオイがプンプンですね。
 余談ですが、回想シーンになったとたん「アラ助かったのね」というヒソヒソ声が聞こえて苦笑。
 ふつー前フリだもんね。一瞬のカン違いも仕方ないかな?


そしてデニス登場!この映画、彼のために観ていたと言っても過言ではありません。
長身でちょっと軟派な煙草の似合うイイ男です。<ひと目惚れですにゃ~♪
エマージェンシーの時、デニスの煙草から煙が立ちのぼるシーン。
この時にデニスの最期を予感すべきでした。
でも気付けませんでした。愛は盲目と言いますから(違)。

だって屋根が崩落したときも、「デニスじゃない方」(←この認識の差が愛の差だ)が落ちたとばかり思ってたんですよ。
しかも「やめろ、もう助からない!」と言われるまで、お亡くなりになるとは夢にも・・・。
なんだか素でショックを受けて、涙がにじみました。<こんなトコで泣くなんて
「愛していると伝えてくれ・・・ひと目見た時から・・・」
あまりと言えばあまりの急死に、愛を伝えるヒマもありませんでした。

そんでもってラスト。<はしょりすぎです
絶体絶命の大ピンチとくれば、助かって涙涙の大感動エンド!という予想は
外れました。<予想とは裏切られるためにあるのです

「危険だ、撤退してくれ」というジャックの言葉は予想どおりでしたが、
そこから「何を言うんだ。あきらめるな!」<あきらめたら、そこで試合終了ですよ
という安西先生マイク隊長の言葉によって助かるんかな、って。
赤い車が停まったときも、まだドンデン返しがあるかと信じてました。
棺見てあきらめましたが。<往生際が悪いなあ
あきらめつつ、「死ぬなや」って思いました。<特にデニス!

そういや、原題も不吉な数字でしたね「49」って。
ここでジャックとデニスの死を予感すべきでしたか?<ムチャ言うな

結局、名実ともに長い長い走馬灯だったということで。

ナギの独断と偏見で採点♪
[PR]
by nagikoku | 2005-05-17 00:00 | は行の映画
ハウルの動く城

ハウルかっこいいー!!

軟派で不敵で長身の美形ときたもんだ。
ラストのキスシーンなぞ見ものですよ、ハウルのポーズ。

私の中で最大の不安要素だったハウルの声も問題なし。
ぶっちゃけ、ハウル登場シーンで一気に安心しました。

なかなかやるじゃないか木村拓哉って。

ハウルは「弱虫」という設定らしいですが、その設定自体が弱かったような。
魔女よけのお守りに囲まれてベッドでぐったりしているワンシーンのみ。
「怖くてたまらない・・・」とか言っちゃってますが、すぐ元気になるし(笑)。
ホットミルクを持ってきたソフィーに、ハウルが「行かないで」と頼むトコはかなり萌えました。自信家な美形が弱りきってるのって萌えるよね?
[PR]
by nagikoku | 2004-11-15 20:28 | は行の映画