カテゴリ:ま行の映画( 4 )
名探偵コナン 探偵たちの鎮魂歌
コナンの試写会が当たったよ!
コナンの試写会が当たったよ!

2回言ってみました。だって嬉しかったのさ。

さぞや子供まみれな会場かと思いきや、「子供もいる」程度であれ?
しかも会場はガッラガラであれれ?
「3000通の応募がありまして、ここにいるのは幸運な200名の皆さんです!」だって。
この会場、396席あるんですけど・・・。
もっと当ててやれよ。お子様たち大喜びだろうがよ。
涙を飲んだお子様たちの分まで、堪能してきましたよ。

入場時にもらった「コナン新聞」なるものを、待ち時間に読み読みしてました。
40名以上の登場人物紹介が載っていて、TVシリーズをあまり見ていない私には正直
「誰だよコイツ」な人物もいましたが、

園子さんが大財閥の令嬢

という衝撃の事実を知ってしまいました。
だって、あの性格。むっちゃ庶民やんか。
絶対どこにも生かされてないよその設定。
と思ってたら、

「あのホテル、パパが建てたようなものだし~」
園子、登場したとたん令嬢発言キター
まるで心の内を読まれているかのようなタイミングで衝撃も倍でした。

ミラクルランドの外に出ると爆発するIDをつけられた探偵団&蘭。
それを隠したまま何とかしようとするのが無茶なんですよね。
しかもメインのジェットコースターにも乗っちゃマズイだなんて。
でも哀ちゃん頑張りました。
体張りました。

「コナン新聞」では「灰原哀が絶体絶命の危機に!?」などと書かれてましたが

シーツで口元を隠して上目遣いな哀ちゃんに、
「ずっと、そばにいてね・・・」
と言われた私の方が危うく萌え死ぬところでしたよ。
危ない危ない。

引ったくり捜索に探偵団が大活躍~。
光彦くんのモップ投擲はすごかったです。
彼は頭脳派なんじゃなかったの?

そのあと蘭ちゃんと和葉ちゃんにバッキバキにやられてたのが可哀想でしたね。
引ったくり犯相手に2人ともやりすぎでしょう。
と思ったら歩美ちゃんを人質に取りやがったので前言撤回ですが。
園子さんの大活躍により(笑)、無事救出。

この時つくづく思いました。
もう打ち明けてしまった方がとにかく安全なんじゃないかと。
歩美ちゃんが助かったのはホントに偶然の産物よ?
園子さんの天然のおかげよ?

園子さん今回はまったくカヤの外。なのにこのインパクト。

天然に勝るものなし、ということでしょうか。
天然を紛争地域とかに送り込んだら、毒気を抜かれて平和になったりしないかな。
天然は世界を救う。
なーんてねフフ。

そしてやっぱり怪盗キッド。
やっぱり最後に一番おいしいトコかっさらってくのかおまえわ。
惚れるわ。

走るジェットコースターにグライダーを合わせてIDをかすめ取るなんて芸当、
人間業じゃありませんよ。
どんだけ高速のグライダーでどんな飛行ルートをとったんだか。
だって真横からコースターの上をかすめて飛び去ったんだよ?
惚れるわ。

そのキッド、コナンによれば実は捜査の時から一緒だったらしいですね。
え、と思ったけど分かりました。
園子さんのバッグから出てきたIDにペンキが付いてたってことは、あのオフィスにいたってこと。
白馬探に変装してたのね。石田ヴォイスが素敵すぎでした。
なんでオフィスで殺し屋が狙ってきたのか疑問だったけど、解決。
IDでキッドだと分かってたわけか。
ナルホド。
でも、どやってキッドにIDつけさせたんだろ?
最大の謎。

足を怪我して川に落ちたコナンを白馬が助けたということは、キッドが助けたということ。
キッド、どこまでもイイトコ取りなやつめ。

事件については語りません。だって、どーでもいいじゃん?
言うべきは犯人の声がアムロだったことくらいですか。
[PR]
by nagikoku | 2006-04-13 23:15 | ま行の映画
金を湯水のように! 「ミリオンズ」
映画「ミリオンズ」を観ました。
小学生の兄弟ふたりが23万ポンドの大金を拾い、何とか使い切ろうとするお話。

23万ポンド。日本円で4600万円ほど。

なぜ使い切らないといけないか。
あと12日でユーロに切り替わると、ポンド紙幣は紙屑になってしまうから。<なにあのCM(笑)
というわけで兄弟はそれぞれにお金をばらまき始めます。
ここで2人の性格の違いがよく表れてます。

「あなたは貧乏?」

貧しい人に施しを与えようと、ひたすら問いかける弟ダミアン。
よく分からないまま「Yes」と答えて思わぬ大金を手に入れてしまったモルモン教徒たちが、翌日さっそく電化製品を山のように買い込んでいたのには笑いました。
不純だけど、そのあまりにもストレートな反応はかえって微笑ましいわ~。
電子レンジ、よっぽど欲しかったんだね。

対するお兄ちゃんはスゴイ。
クラスメイトに金をちらつかせて、鞄持ちやら、お抱え運転手(自転車)やら。
さらに女(クラスメイト)まで金で買おうとしてませんでしたか?
「やっだ~」と相手にされてなかったけども。

あらためて言うけど、小学生ですからね?
なのに何だこの大人顔負けの金遣いは。
不動産投資までしようとするし。
今頃はインターネットでデイトレとかやってそうです。

印象的だったのは、やっぱり要所要所に登場する聖人たち。
初めは変な格好した人が、ダミアンに適当に話を合わせているのかと思ってました。
だって聖クララ煙草吸ってたし。
最後に出てきたナザレのヨセフが、劇を抜け出したダミアンの代わりにセリフを言うところが良かったですね。ダミアンはヨセフ役だったから、まさに本人降臨!

お母さんとの再会シーンは、あまりにも想定の範囲内ではありましたが、ホロリ。
だめだ。本当に親子モノには弱い。
健気に頑張る子供にも弱い。


映画@BlogRanking ← 宝くじが当たったら・・・という妄想ならよくする私
[PR]
by nagikoku | 2006-02-05 23:01 | ま行の映画
マザーテレサ(試写会)
テレサ「村の名前は『平和の村』なんてどうかしら」

私(・・・ひねりがねええぇぇ)

テレサ「わたくしはシンプルなものが好きなのです(怒)」
[PR]
by nagikoku | 2005-10-27 00:00 | ま行の映画
まだまだあぶない刑事(試写会)
TVシリーズ全く見た事ないのにね。
映画になると観たくなる、映画好きの性(さが)。
予告編を観ると観たくなる、これも映画好きの性ですね。
だから観に行ってきました。

私は、知らないシリーズ物でも屈託なく楽しめる得な性格。
分からないのが当たり前だと思うと、気にならないんですよね。
何も考えてないとも言いますが。

さてさて、そんな私が観た感想をば。

タカ&ユージの実態は、(体力が)そろそろあぶない刑事、らしい(^^;)

コメディ&アクションのみならず、バーで大人なロマンス(?)やらハイテク刑務所やらイベントでの要人暗殺やら犯人側のツライ過去やら、よくココまで詰め込んだと褒めてあげたい。

シリーズダイジェストかよ。
小分けにして3部作とかにしたら?
などと思ったのはナイショです。

韓流を逃さない冒頭のシーンはさすがだと思いました(笑)。
ハングル聞けるだけで、なんとなく嬉しくなる私も私ですけどね。

だんじりダンディとセクシーと課長の掛け合いが楽しかったです。
がんばれトオル、がんばれ!負けんな!ひたすら応援する私。

君のヘタレっぷりに萌え萌えだよ!

真山薫さんのぶっ飛び具合には、さすがに置いていかれそうになりましたが。
まあ、あのへんはファンサービスみたいなもんか。


あ、あと、とりあえず

核爆弾 恐るるに足らず

ってことが分かりましたね。

・・・うむ。


ちなみに、犯人やってた佐藤隆太くんですが、
実はローカル企業CMに出演してまして、
「お客様の満足のために、僕たちはもっと進化する!」などと高らかに宣言しております。

なのに、この映画を観た後では、
「そんなこと言ってても、裏では何やってるか・・・
とか思えて仕方ありません。

ああ、爽やか好青年のイメージがガラガラと・・・・・・。
[PR]
by nagikoku | 2005-10-20 00:00 | ま行の映画