カテゴリ:ねこ( 24 )
トイレウォッチング
膀胱炎と診断された若葉。
検査をするためにオシッコのサンプルが必要ということで、
病院に行った金曜日の翌日は様子を見てたんですが1日でギブアップ。

いやー猫って1日に1~2回しかトイレに行かない生き物だったのでした。
そのうち1回でも夜中や明け方にされようものなら、行くかどうか分からない1回のために1日中張り付いていなければならないのですよ。親の家で。
親の家にいてもすることなくて超退屈ー。

というわけでギブアップ飽きちゃった。←飼い主失格

まあ、数日後に病院の予約を入れていたので、そこでオシッコ絞ってもらえばいいやー。
と、たかをくくっていたのでした。
・・・病院にてギュウギュウやってもらっても1滴も出ず。甘かったです。

平日に見張るのは無理なので母に頼んでいたのですが、若葉もなにやらトイレに行こうとするたびに漂う緊迫したムード(笑)を察知したらしく、
「トイレの前でうろうろするから構えてたら、さーっと逃げるんよー」
タイミングを外してこっそり済ませるという高等テクニックを身につけやがりました。

ええい、若葉のくせに生意気な。
お前は動物的カンとは無縁で気ままに生きていればいいのじゃ。

そんなこんなで週末を迎え、もはや後がありません。
今度こそ1日中監視してくれよう。決戦は金曜日土曜日。

前フリ長かった。続きはコチラ
[PR]
by nagikoku | 2006-03-25 05:29 | ねこ
もう年だからね
ちょっと今日、あわてて病院に連れて行きました。
度重なるプチの侵入のせいで、またまた親の家に里子に出されている若葉です。

だって血尿したって言うんだもん・・・。

びっくりするわ。
しかもトイレじゃないトコで粗相までするようになって。
どうしたんだどうしたんだー。

膀胱炎だそうです。
薬を2種類もらいました。
猫に、朝晩2錠ずつ。
あー、まるっきり老人みたい。
薬漬けだよ。

しばらく親の家で若葉を観察してきます。
検査の為におしっこのサンプルがいるんだってさ。
観察っていうか、こりゃ監視せなあかんわ。

11歳だからね。
でも血液検査の結果も良好だし、まだまだ頑張ってもらわないと。
もらわないと。
ね。
[PR]
by nagikoku | 2006-03-18 18:27 | ねこ
にゃんにゃんにゃん
今日は猫の日だにゃん。

猫の日制定委員会が1987(昭和62)年に制定したんだにゃん。

全国の愛猫家からの公募でこの日に決まったんだにゃん。

ってゆーかその日以外にはありえないにゃん。

そもそも猫の日制定委員会の活動ってこれだけのような気がするにゃん。
[PR]
by nagikoku | 2006-02-22 00:24 | ねこ
長い長いさんぽ(須藤真澄)
以前、はからずも最終回の連載を読んでしまった猫のゆずのお話。

おいおい泣いた。

もらい泣きの涙とか、思い出し泣きの涙とか、もうごっちゃ。

猫の亡骸の冷たさとか硬さとか。

死に目に会えなかった後悔とか。



そんで最後に思ったこと。

もみじの時は叶わなかったけど(急に逝ってしまったから)、

わかばの時はちゃんと最期を看取りたいな。

カミサマオネガイシマス。
[PR]
by nagikoku | 2006-01-16 00:00 | ねこ
だらだら3連休
よもや1日たりとも外出しないとは思いませんでした。
3連休ずーっとお昼まで寝ていて(猫と)、
3連休ずーっとホットカーペットに座り込んでました(猫と)。

若葉は基本的にされるがままな猫なので(無気力?)、
いじりたい時にいじり倒し
抱っこしたい時に抱っこし
重たくなったらおろし
と、やりたい放題でした。

そんな身勝手な扱いも気に留めない若葉。
人間だったら「都合の良い女」として遊ばれるタイプなのでは。
どーでもいいことを思う飼い主です。

ともあれ、3連休を全て癒しパワー充電に充ててしまいました。
買い物にも行かなかったので食生活は散々です。
食材が白菜とキャベツしかありません。

量だけはあるんですが、これでお弁当は無理だわなあ。
[PR]
by nagikoku | 2006-01-09 23:36 | ねこ
猫は家につくだなんて
プチの侵入が発覚してから、若葉は親の家に避難させっぱなしです。
ほぼ毎日なでくりまわしに通っていたのですが、どうにも寂しい。
お休みなので、連れて帰ってみました。

玄関の時点で 警戒しまくり(T-T) お前の家だっつーの。

玄関マットから始まって隅々まで嗅ぎまわり、部屋に入ろうとしませんでした。
この家に暮らし始めて11年。
私だけが面倒を見るようになってから4年。

その年月がたった1ヶ月でリセット・・・?

抱っこして部屋に入れましたが、
ホットカーペットになついてしまい、ヒザに乗ってもくれません。
私、飼い主だよね?
[PR]
by nagikoku | 2006-01-07 23:45 | ねこ
ストーカーの恐怖
ソレは夜中に音もなく現れた・・・。
若葉が何もない空間に唸りはじめ・・・。
アコーディオンカーテンの隙間から白いものがすーっと・・・。

若葉を諦めきれないプチでした。

これまで半信半疑でしたが、これで2階のベランダに出入り自由なことが判明。
あわてて追い出しにかかったものの、懐こいプチは逃げません。
仕方なく、大声で威嚇するはめに・・・(夜中なのに)。

私「帰りなさい!・・・シャーッ!」←猫語も交えつつ
つられて怒るプチ「うううぅぅぅ」
私「ううぅじゃなくて帰ってください!」←なぜか敬語

なんとかベランダまで追い出したものの、そこから帰ってくれません。
若葉を再び親の家に避難させ、ベランダへのサッシを締めて寝るしかないか。

と、これを書いていると再びプチ侵入。
サッシを自分で開けたらしいです。
いかん、若葉の駄猫基準に慣れすぎていた。

「もう若葉はいないの。アンタが入ってくるからココにいられなくなったの」
こんこんと言い含めてみたが効果なし。

サッシのカギを閉めようにも、数年前の地震で家が歪んでしまったので閉まりません。
現在、午前1時。
どうしたものか。
[PR]
by nagikoku | 2005-12-12 23:54 | ねこ
貞操の危機
あいかわらず若葉に興味津々なプチです。

金曜の出勤前。
また屋根に登って、ウチのベランダを覗いているプチ。
切ないねえ。
と哀れに思い、嫌がる若葉をベランダに押し出してみました。
まあ、いじらしいプチに姿ぐらい見せても良かろうかなと思ったわけです。
寒いんで、若葉は本気で嫌がってましたが。

鬼ハハです。

とたんにプチは身を乗り出し・・・・・・ ジャンプ!!

当然ベランダには届かず 落下!!

「あんた何しよるんっ!?」
朝っぱらから叫んでしまいましたよ。

プチは無事でした。
プチの家と我が家は敷地に段差があるため(坂に建ってるので)、
1階分の落下で済んだ訳です。
そこまで見届けて、私は出勤。

帰宅したら大変なことになってました。
プチを追い返そうとした祖母が噛みつかれ(プチはじゃれ方が激しい)、
なんとプチは、まんまとベランダまで侵入したらしいのです。

ベランダに侵入したということは、家中に侵入しまくりだったって事で。
お目当ての若葉に、逃げ場はなかったって事で。

・・・無事か若葉あああぁぁっ!?

思わずお股を確認してみたり。
もちろん何も確認できなかったわけですが・・・。

心配なので親の家に緊急避難させました。
プチ・・・ウチのカワイイ娘(でも熟女)に手ェ出しやがったら許さんぞ。
[PR]
by nagikoku | 2005-12-03 22:48 | ねこ
チャルメラの猫
b0057179_22272936.jpg
よく見ると左目が変。
今まで気付かなかったよ。
ちなみに「とんこつ味」でした。
[PR]
by nagikoku | 2005-11-19 22:27 | ねこ
モテ期
というものが存在するという・・・。

かく言う私も、小学生の頃、「Tくんがナギちゃんのコト好きなんだってー」てな感じに噂になったことがある。当時、私は他の男の子が好きだったので、残念!な結果に終わったが。
・・・古い話を持ち出して申し訳ない。(というか、それが私のモテ期って・・・)

話を戻そう。
いま、モテ期が訪れているのは、ウチの若葉である。
お相手は、向かいの家の飼い猫プチ。人見知りしない懐っこい子だ。

ウチのベランダが、ちょうど向かいの家の屋根と同じ高さにある。
たまにプチはそこから、ベランダにいる若葉と顔を合わせていた。

懐こいプチは興味津々といった様子。うな~ん、と鳴く。
いっぽう若葉は猫見知りなので超警戒。るるうーうーるるー、とくぐもった声でうなる。

そして今日のこと。
そのうち飽きた若葉が部屋に入ってしまったとき、事件は起こった!(大げさ)

うにゃあああああん!うにゃあああああん!

突然、身を乗り出しながら鳴きまくるプチ。
「ひぃやめろプチ!そこは屋根だ!」
あわてた私が若葉を無理矢理ベランダに引きずり出すまで、プチは鳴き続けた。

若葉を見て鳴き止んだものの、何度も身を乗り出すプチ。
ベランダと屋根との距離は2mくらい。プチなら跳べる・・・!

ベランダに柵がなければ。

(これでプチが落ちて怪我したら、ウチにも責任があるんだろーか・・・)
などといらぬことを考えつつ、プチが首を伸ばすたびに制止する私。

若葉は興味ナッシングなので、よそ見している。
プチは屋根の端に座って、そんな若葉をじーーーっと見ていた。
目を細めたりなんかしている。

・・・いじらしいぞプチ。切ないぞプチ。

あたたかく見守る私。
が、若葉はそのうち、そばに立つ私に甘え始めた。頭をごーりごーり。

私をチラ見しはじめるプチ。

っ違うから。ライバルとかそんなんじゃないから。
むしろ協力者というか仲介者というか、そんな立場じゃないか。
だからそんな目で見ないで。

そもそも若葉が他の猫と仲良くできたためしはない。ごめんよ、プチ。

プチ2歳、若葉11歳。
熟女の魅力だろうか・・・・・・。
[PR]
by nagikoku | 2005-11-13 19:10 | ねこ