カテゴリ:日記つれづれ( 85 )
せめて、人間らしく
お久しぶりです。生きてます。
若葉がいなくなったのがじわじわ効きはじめた今日この頃です。

ちょうさみしい。

このココロのスキマを埋めるには次の猫しかあるまいと、
ネットで里親募集掲示板などをヘビーローテーションで巡っておりました。
ですが、まだ「飼う」決心はつきません。
さみしいってだけで仔猫に飛びついて良いのかー。
あージレンマ。

と、だらだら過ごしているうちに、部屋が足の踏み場もなくなってきました。
散らかりすぎると、片付けるにもどこから手をつけて良いか分からなくなるもんです。
かと言って誰かに手を出されるのも気に入りません。
「後でやる!自分でやるから!」
と意地になり、さらに堆積していく物々。

ゴミ屋敷がなぜ出来るか、今なら分かる。

本腰入れてお片付けすることにします。
猫よりまず、人間らしい生活を取り戻すのが先だわ・・・。
[PR]
by nagikoku | 2006-09-19 00:13 | 日記つれづれ
すごいぞ!ぺっちん虫っ
たまにアクセス解析の検索ワードをチェックしています。
9月も始まったばかりですが、現在いちばん多い検索ワードは



ぺっちん虫。



・・・なんだかなあ。
と思ったので自分で検索してみました。
そしたらば。



グーグル検索トップ!?



ちなみにヤフー検索でもトップでした。
ということは、他の検索エンジンでも上位表示されているのでは。
うわ、なんか良く分かんないけど、すっごーーーい。
あまりのバカバカしさに笑いが止まりません。
タスケテ。


まあ冷静に考えるなら「ぺっちん虫」と書いているサイト自体がほとんど無い、ってことなんでしょうねえ。
正式名称は「こめつき虫」です。
私はずっと「ぺっちん虫」と呼んできたんですけど、意外にもマイノリティだったようで。
みんなどう呼んでるんでしょうか。
[PR]
by nagikoku | 2006-09-03 23:30 | 日記つれづれ
まるっともみとおしだ!
もともと肩コリ持ちの私。
首を回してゴリゴリ鳴らなかった試しがありません。
でもま、いつものことだし~、と今までは放置していました。

夏休みは「広島国際アニメーションフェスティバル」に行く予定だったので、
その前にコリをほぐしておかないと体力的にキツイかな?
と思いつつ8月を過ごしていました。

そしたら夏休み直前に若葉が倒れ、いきなり要介護5状態に。
3日間フローリングで添い寝していたら、

肩コリが、首と背中と腰にまで拡大。

そして夏休み明けの今日、限界に達しました。
コリ過ぎで仕事をやる気は勿論のこと、食欲まで失う始末。
これは緊急事態です。
熱が40度あった時でさえ食欲だけは失わなかったというのに。
それ以上ってこと?もしかして、私ちょっと死にそう?

てな訳で、人生初のマッサージに行ってきました。


こんなに凝っててマッサージが初めてなんて、信じられない。


と言われました。
私としては、マッサージに行かなきゃならないこと自体が信じられなかったっての。
肩首背腰を中心に40分揉みほぐされまくりました。


ああーごくらくごくらくー(*´∇`*)


セットのゲルマニウム温浴とやらも初体験。
「ふだん汗かかない人でも、15分もすれば汗が出てきますよ」
との言葉は、代謝の悪い私にとってはプレッシャー以外の何物でもありませんでしたけど。
だって、そこまで言われて汗かけなかったら、気まずい・・・。

焦るあまり、お湯の中で手足をずーっとグーパーグーパーしてました。
リラクゼーションに行ったはずが、何だろうこの緊張感は。

ま、努力の甲斐あってちゃんと汗が流れまして。
私「出ました!」
お店の人「私の祈りが通じましたね!」

祈られていたのか。
[PR]
by nagikoku | 2006-08-29 23:53 | 日記つれづれ
水のようなもの
広島県営水道の送水トンネルで崩落事故がありまして、
若葉の火葬に行っている間に「断水」の町内放送があったそうです。

母「1時からって言ってたのに、2時になった今も水が出るの」

一応、断水に備えてありとあらゆる容器に水を貯めて、と。

水が出るならと洗濯を済ませ3時。まだ出ます。
夕食6時。まだ出ます。
お風呂8時。まだ出ます。
就寝11時。まだ出ます。
翌朝になっても水が出ます。

ああ、きっと断水なくなったんだよ。


町内放送「給水車は朝6時から夜10時まで○○(近所)で活動しています」


出 て る っ て ば !


なんか不安になってきました。
この蛇口から出てるのはホントに水なのか。
この水は、私の「水が無いと困る!」という強い願望が見せている幻ではないのか。

この貯めている水は、いつ使えばいいのか。
そもそも貯めている水も、本当に水なのか。

まさか、水のようなもの、とか。

ホラ、よくニュースで「バールのようなものでこじ開け」とか言ってるでしょ。
あんな感じで。

だってさ、今の私には、この液体が「水」だとは証明できないんだもの。
困ったなあ。


飲んでるけど。


「バールのようなもの」の元ネタは、清水義範の同名小説より。
清水義範、好きです。特に短編がネタ系で面白いのなんの。
オススメ?全部面白いから、選べないなあ。

[PR]
by nagikoku | 2006-08-27 23:32 | 日記つれづれ
ムカデ、襲来
2日間の寝休日を過ごし(寝ても寝ても眠れるのは何故?)、さて夜も更けたことだし寝るかとトイレに行ったとき、奴は現れました。
今まで散々ヤスデをムカデと間違えて騒いできましたが、コレはまごうかたなきムカデ様。
赤黒いし、なんかウネウネしてるし、体長12cm。


もうね、今までの自分がちゃんちゃらおかしい。


あのムカデに比べたら、体長2cmのヤスデなんて可愛いもんですよ。
あのムカデに比べたら、黒光りするゴキがカッコ良くすら思えます(過言)。

一応その場はパニックに陥りながらも火バサミで応戦し、トイレに流すことで事なきを得ましたが(半泣き)、ムカデってツガイでいるって言いますよね。


あれが、もう1匹出るというの!?

トイレに!?


トイレというのはですね、狭くて身動きが取りづらい上に、ある意味お風呂より無防備な状況だと思うのです色々。そのトイレでムカデ様とご対面?
それは無理。無理無理無理無理無理。
絶 対 無 理。

そこで、google先生に助けを求めてみました。
ムカデの好む環境は「狭い」「暗い」「湿気」「仔虫(エサ)がいる」だそうです。
トイレで湿気を失くすなんて無理に決まってんじゃん・・・。虫だってどこかにいるだろうし。
トイレは、ムカデにとってジャストな住環境だったようですorz

ムカデの退治方法としては、熱湯をかけて動きを止めたうえでトドメをさすのが良いそうで。
殺虫剤では動きを止める即効性がないとの事でした。
でもね、熱湯のストックなんて真冬でもない限りないですよね。

あとは切断しても再生するとか、
潰すとニオイで他のムカデが集まってくるとか、
ムカデはツガイどころか家族で出てくるとか、ますます怖くなる話までありました。

結果、ムカデの知識は多少増えたものの、解決には至らず。
とはいえ落ち着いて対処すれば、ゴキのように素早くはないので大丈夫でしょう。
問題は、ほぼ確実にパニクってしまうであろう自分自身です。
メンタルな勝負になってきました。
要は自分との戦いか。


*参考サイト*
ムカデ対処法
ムカデが大好きって人もいらっしゃるワケで。

激闘(虫)8月の陣
激闘(虫)12月の陣
激闘(虫)5月の陣
激闘(虫)6月の陣~ムカデの復讐~
この人のテキストは個人的に非常に好みです。猫好きなとこもポイント高し(笑)。
ここの表現を借りるなら、私の戦いぶりは初っ端から「ダークサイドに堕ち」てます(涙)。
[PR]
by nagikoku | 2006-08-20 23:14 | 日記つれづれ
お盆進行
お盆です。
朝は車もまばらで、通勤電車も余裕で座れる、あるイミ嬉しいお盆です。

私の職場にはお盆休みはありません。
なので毎年、みんなでお仕事~。

の、はずだったのですが。

なぜか今日は、私の両隣&正面&斜め前の人がお休みでした。
空いた机に書類やら何やら広げまくってのびのびバリバリ仕事しましたよ。

いつもだと、お腹いっぱいな午後はついウトウトしたりなんかするのですが(←大問題)、
今日はまったくもって眠気のねの字も襲ってきませんでした。

やればできる子なんですよ。
たとえ終わらせた仕事が昨日の分だったとしても。
[PR]
by nagikoku | 2006-08-15 00:11 | 日記つれづれ
コムサ
若葉の病院の日でした。
待合室には見覚えのあるスーツの男性がひとり。

先週も来ていた人でした。
ウサギを連れて来てたのですが、なぜかコムサイズムの紙袋(大)に入れて来てて。
中でウサギが動くたびにガッサゴソ音がしてて。


他になかったんだろうけど、
他に入れ物なかったんかい。


内心激しく突っ込んだものでした。
バスケットや布袋に入れてる人はいても、紙袋は初めてでしたからね。
先週は待ち時間が長かったので、想像も色々しました。

彼はマンションで一人暮らしの多忙な営業マン。
具合の悪いウサたんを病院に連れて行くため
「部長、今から外回り行って、今日は直帰します」
って仕事を早めに切り上げたりしたんだよ、きっと。
急なことだったから、とりあえず手近にあったコムサイズムの紙袋で代用したんだよ。

で、その彼。

今日もコムサイズムでした。
彼なりに考えたらしく、今日は紙袋の中にダンボール箱をイン。
そうまでしても、やっぱり持ち運びはコムサイズム。
全然「とりあえず代用」じゃありませんでした。

先生「来週の火曜日は自分が休みなので、木曜日はどうですか?」
コムサ「いいですよ(即答)」
多忙でもないみたいです。
[PR]
by nagikoku | 2006-08-08 22:27 | 日記つれづれ
真夏の恐怖体験
ベルトの穴が、いちばん外側でないと留まらない。

真夏の恐怖、体感中。

ひぃ。
[PR]
by nagikoku | 2006-08-07 22:28 | 日記つれづれ
ひとり芝居を観たよ
今年も8月6日がやってきました。
そういえば去年はこんなことやりましたっけ。
さて今年は。

「夕凪の街 桜の国」のひとり芝居を観に行ってきました。
歩いて歩いて、作品の舞台となったポップラ通りまで。
そもそもポップラ通りってどこだよ、などと思いながら。
初めてその場所に行きました。

「夕凪の街」のみの上演でした。
そのかわりラジオドラマとは違って、原作をそっくりなぞる展開でした。
原作を知らない人が観たら、分かりにくかったかもしれませんね。
でも私はこっちの方が良かったです。
お芝居のセリフを聞きながら、シーンの光景を頭に浮かべることができたので。

ヒロイン皆実の最期のセリフ「ああ、風・・・。夕凪が終わったんかねえ
で、ちょうど風が吹き始めたのが印象的でした。

日傘を差してても、焼け死ぬかと思うほど暑かったです。
でも炎天下で演じ続けた青木さんは、もっと暑かったんですよね。
青木さんは、島根の現役高校生だということでした。
良いものを見せていただきました。
お疲れ様でした。

「夕凪の街 桜の国」の出版前に、
作者のこうの史代さんは「夕凪の街」を同人誌として発表していたそうです。
そして現在はハングル語版も出版されているそうです。
その全てが平和記念資料館の中にある図書室に収蔵されているのだとか。

ううむ、読みに行ってみようかな。
平和記念資料館なんて、中学校以来かも。
[PR]
by nagikoku | 2006-08-06 00:20 | 日記つれづれ
ラジオドラマを聴いたよ
「夕凪の街 桜の国」のラジオドラマが放送されました。
原作片手に聴きましたよ。

かなりアレンジされてました。
原作を知らない人も聴くわけで、仕方がないですね。
夕凪の街、桜の国(1)、桜の国(2)の3部構成から、桜の国(1)は省略されてました。
原作ファンとしては、ちょっと物足りなかったですけど。

で。


打越さんのキャラが違う!
打越さんのテンションが高すぎる!



打越さんというのは、第1部の「夕凪の街」のヒロイン皆実が想いを寄せる青年。
どっちかと言うと、大人しめで穏やかな好青年のイメージだったのに。
あの打越さんは違うよ・・・。

でも、
「生きとってくれてありがとうな」
は良かったです。
[PR]
by nagikoku | 2006-08-05 00:17 | 日記つれづれ