<   2005年 04月 ( 8 )   > この月の画像一覧
PHASE-27 届かぬ想い
 ・ ミーア悲しんでませんよ議長
 ・ ミリアリアあっさりAAへ
 ・ 思い出せよスティング
 ・ がんばれトダカ一佐
 ・ またまたルージュ

はっはっは。上っ面な議長の言葉がステキ。
それにしてもラクス。あっちゅーまにエターナルにお乗換えですか。
ダコスタ君も再登場ですね。とりあえず喋ってくださいよ。
私は笹沼ヴォイスに飢えています。
それもこれも、本命が出てこないからだ!

「エルスマンとは?」「ふっちゃった♪」<なんてこと言うの!?
でもでも、アスランとの会話ではすっごく嫌そうに「ぇえ?」でしたが、
それはディアッカに対する感情ではなかったということですよね。
まあ、返せば今回の明るさもディアッカに対するものではないということで。
ディアミリはまだまだ未知数ですよ!<あともうちょっとのガマン・・・

チャンドラさんまで気にしてるってことは、たぶんクルーみんな気にしてるよね。
ディアッカってホントAAに馴染んでたんだなあ。
戻っておいでよ。
ラクス、ジュール隊を言いくるめてきてよ。<シホにも会いたいし
お願いだから、早いトコふたりを再会させてよ。<このままだと生殺しです

そのAAはまたまた戦場を混乱に陥れるために発進。
ミリアリア搭乗には思うところもありますが
ミリアリアはいい子だから許しちゃう。
カガリ出撃にも思うところがありますが
真っ直ぐすぎるカガリさんが好きだったりします。<弟のようにならないで

さあ、そのこぶし振り上げろトダカ一佐!<オーブはあなたの双肩に!

散る命って誰がー!?
[PR]
by nagikoku | 2005-04-30 21:39 | TVアニメ
甘い人生
イ・ビョンホンがゾンビになってました。
決してそんなあなたが観たかった訳ではありません。

これは、私の代表作になる。

という予告編のコピーですが、個人的にはあえて代表作に推したくはないカンジ。
だって、銃だの血みどろだのって、怖くて。<いや、だから個人的にね?
でも、アクション満載なので、
「妻につきあわされて観たけど、なかなか良いな」
てなカンジで、イ・ビョンホンのファン層が広がっていいかもしれません。<観せるダンナがおらん

私がいちばんカッコいいと思ったイ・ビョンホン。
冒頭でごろつきを始末するとき、酒瓶で頭を殴るシーン。
酒瓶を蹴り上げてつかみ、即座に持ち替えて振り下ろす一連の動きがスマート。<ホレボレ
予告編で使われてたシーンだったり。

私がいちばん可愛いと思ったシン・ミナ。
コントラバスチェロを抱えてクスクス笑うシーン。
さすがは「氷の宝石ユ・チェイ」です。<同志求む!
ここも予告編で使われてました。

・・・予告編で満ち足りていたのか私は。

わたくし勘違いしていたのでございます。
イ・ビョンホンのクールなアクション映画だと思っていたのでございます。
まさか、夜ーは墓場ーで運ー動ー会 ♪ とばかりに<ゲ ゲ ゲゲーゲのゲー
地の底からビョンホン氏が這い上がってきたり、
南国の未開人のように、松明を振りまわして戦うなんて<ドンドコドコドコ
思っていなかったのでございますよ。

断っておきますが、私はイ・ビョンホンのコト好きですので、誤解のないように。
甲斐性バツグンの原田泰造だよね~。<自ら誤解を招いてどーする
ちなみに話はそれますが、友人のひとりは「石田純一にしか見えないから」という理由でビョンホンを毛嫌いしておりまして、確かに石田純一に見えたら私だってビョンホンを嫌いになりますよ。見えなくて良かった。

ツッコミどころ満載だったのが
銃の受け渡しをしようとした、空き地のシーン。
いきなり西部劇でも始まるのかと思ったよ?<何か風で転がってますよ!
実際に始まったのは、バイリンガルなチンピラふたりのコントでした。
ふたりのノリについていけない、置いてけぼりビョンホン君が可愛かったです。<あのーもしもし?
絶妙なタイミングでのもしもし攻撃によって、車は激突大破。
良かったふたりとも生きてるよ~と胸をなでおろしたのも束の間、
自分の嘘がバレかけたビョンホンに、あっさり惨殺。<生き残るキャラかと思ったのに・・・

締めの禅問答。
「その夢は、叶わないからです」
という答えのトコは、
「その夢から、覚めてしまったからです」
って言って欲しかったなあ。好みの問題としてですが。
[PR]
by nagikoku | 2005-04-28 23:19 | あ行の映画
レモニー・スニケットの世にも不幸せな物語(試写会)
 ・ ヴァイオレットの衣装
 ・ オラフ伯爵、七変化
 ・ ヘビがいっぱい
 ・ ジュ、ジュード・ロウ?
 ・ エンドロール最高

悲壮感はなかったですね。家族で観るといいかも。
世の中は思い通りにはいかないし、
人生は「めでたしめでたし」で終わったりしない。
原作読みたくなりました。
ああでも、予約でいっぱいかも。

ヴァイオレットのワンピやらリボンやらが可愛くてねえ。<後姿が萌え。
ちょっと時代がかってるのに、地味めな衣装が素敵でした。

伯爵が憎めないのですよ。
そりゃーもう、すっげーやな奴なんですけど。
なかなか手の込んだ変装してくれちゃってます。でもバレバレよ?<お約束~
なのに大人たちは信じちゃうんだなあ。しっかりせい。

ヘビが何気に可愛い。
サニーとたわむれるオダブツは癒し系ですか?<そんなわけあるか

言われなきゃ気付けないよジュード・ロウ!
逆光で顔なんか見えやしません。<声だけなんだって、なーんだ

この映画、いちばん素敵だったのがエンドロールでした。<一見の価値ありです!
ペープサート人形劇(絵を描いた紙に棒をつけて動かす)がずっと繰り広げられてて、
長いエンドロールが全然飽きないの。
原作が児童書だけに、読者層を考えた演出でしたね。
そしてその中でも、いちばんの見所。

ホッピング してる!ぴょんこぴょんこぴょんこぴょんこ

隣に座ってた2人連れが「ビミョーな小ネタだ~!」と大ウケしてました。<実は混ざりたかった
いや久しぶりに見たぞ、ホッピング。
今の子供は知ってるのか、ホッピング。<どーせおばさんですよ、だ
なんでホッピングなのかは謎だけど、とにかくホッピング。


エンタメ@BlogRanking ← ホッピングで遊んだことありますか?ぴょんぴょん♪

投票リンクです。クリックしていただけたら喜びますm(__)m
怪しいサイトにはリンクしてませんので(^_^;)
[PR]
by nagikoku | 2005-04-27 01:57 | ら行の映画
PHASE-26 約束
 ・ ステラ可愛いよステラ
 ・ シンがいい子
 ・ 「深海の孤独」が良すぎ
 ・ スティングがステラを忘れちゃう!
 ・ ラクスのサイン会
 ・ ミーアの「ぁあ?」
 ・ 血迷ったか新ED

「深海の孤独」に流されてるかもしれないけど、今日のシンステは最高でした。
「あんなところに、いた子だなんて」
泣きそうなシンのセリフが切なかったです。 <初めていい子だと思った<ぇえ?
シン、ちょっと主人公っぽい。<いや、主人公ですからね?

OPから見て、ステラがシンを完全に思い出したとは考えにくいですよね。
たぶん夢うつつか朦朧とした状態で、たまたま回路がつながっただけかと。
シンと戦うってことは、連合に戻るってことだろうし。

それなのにスティングからステラが消されちゃった! <アウルはどーでもいーんですか
私はスティステも好きなのに。
ばかーーー。ネオのばかーーー。 <つーかフラガのばかー

ステラを損失認定(兵士で言うところのMIA)した連合がステラを探すとは思えないし、ザフトがステラを解放するとも思えないので、
シンがステラを逃がすんだと思います(大胆予想)。
そしてシンとはぐれたステラは連合に保護され、記憶を消される、と。
結局シンがステラを討つことになるんだろーなー・・・。

ラクスがミーアの振りしてサイン会やってました。
用意周到っちゅーか、のりのりラクスさんに虎もビックリだ(笑)。
「オーシャンズ12」を思い出しました。
ジュリア・ロバーツ扮するテスがジュリア・ロバーツを演じるシーン。
ま、ラクスの場合、もっと複雑ですけどね。
ラクスの振りをしてるミーアをラクス自身が演じてるわけですもんね。

ミーアが本性あらわしてきましたよ。 <いいぞもっとやれ
キラ、管制塔もふっ飛ばせばよかったのに。
MSには不殺なくせに、基地壊してどーすんの。
キラも本性あらわしてきましたか?さすが新世界の神。 <キラ違いです
この世の生殺与奪の権限はキラが握ってる。<これは本当だ

EDだよ、全員集合!
なんですかこれは。全滅エンド確定ですか。
ナタルさんが出てたのが嬉しかったです。もう死んでるけど。
人としていちばん好きなのがナタルなんです。
ドミニオンからAAを守るために散ったフラガ、その復讐で討たれたナタル。

そのフラガが生きているなんて。
じゃあナタルは何のために。何のために。<ばかーラミアスのばかー(逆恨みです)
[PR]
by nagikoku | 2005-04-24 22:59 | TVアニメ
僕たちの行方(第3期OP)
この歌、大好きです。
新人歌手は喝舌よく歌ってくれるので、さらに良し。

・タイトル前
誰もが叫んだであろうフラガの顔出し。
そしてキラの穏やかなカメラ目線。
知らずに見てたらキラが主役
知ってて見ててもキラが主役
どーやったってキラが主役

立ってるのはシンとアスランなんだよ?
裸で浮かんでは消えてるのは、あるイミ背景にすぎないんだよ?
それなのに全く存在感ないふたり。

そろそろ悪あがきせずに認めるべきではないでしょうか。
主人公はキラなんだと。
私たちも、スタッフも、公式設定も。

・タイトル後
カガリが・・・!
ついに、大人の階段上っちゃうんですか、このふたり(汗)。
なのに去るアスランは男の風上にも置けないと思います(違)。

ミリアリアがAAクルーに混ざってますね。
ですが、先の大戦後AAを降り、フリージャーナリストあるいは戦場カメラマンとなった彼女が、その立場を捨ててまで再び「戦う立場」に戻るでしょうか。

ここで、大胆予想します。
ミリアリアは、ミーアが偽者だと知ってしまったせいで、ラクス同様命を狙われてしまうのです。
そこをカガリよろしくキラに助け出されるのです。
いわば緊急避難ですよ。
ミリアリアの信条は変わらないはずです。
でなきゃ泣いてやる。

あー、それとも。
これは小さいけれど偉大なる一歩なのかしら。
AAで再び宇宙戦に出たミリアリアが

ディアッカと再会するための!

それじゃあカメラマン設定はなんだったのかとグチりたいけど、

ディアミリのためなら許す。

なーんだ、それならそうと早く言ってよー。
ディアッカがOPから消えたけど、
ちゃんと萌え展開を用意しているんだってことをさ。

・ミネルバブリッジ
アーサーがいちばん前でいちばん偉そう。
君はツインテールの後ろで「ええ~っ」とかゆってなさい。
そこが君のいちばん輝くポジションなんだから(笑)。

・ラクスとミーア
大胆予想。
プラントに戻ったラクスはミーアと歌姫対決。
「どちらが人々の心を掴めるか、同日ライブで勝負ですわ」
ごめんラクス、勝てそうな気がしない(涙)。

・ステラ
スティングとアウルから消し去られてしまったステラですが、近いうちに連合に戻ると思われます。ネオフラガ兄さん早計でした。
だってシンと戦ってるもんねえ。
ハッ、まさかシン、おまえがステラを逃がすのか?
ザフトの軍事施設で「詳しく調べ」られそうになったステラを?

・アスラン争奪戦
メイリン参戦。
アスラン目を覚ませーーー!!

君がそんなことやってる限り、アスカガの未来はないんだぞ!!
[PR]
by nagikoku | 2005-04-22 00:00 | TVアニメ
種で好きな人たち
ディアミリアスカガさえ幸せになってくれたら
ぶっちゃけ世界が滅びてもいいかもしれません。

種は無印から全話見ているので、好きになった順に並べてみました。
ノーマルカップリング推奨。(同人も好きですけどね~)

 ・ アスラク ほわほわ~んとした感じが好きだったんです
 ・ アスカガ 敵同志から背中を預けられる関係になるのってツボ
 ・ ディアミリ この距離感がたまりません!
 ・ スティステ 危なっかしい妹をフォローするお兄ちゃん

カップリングなしのピンでは

 ・ ラウ・ル・クルーゼ 中の人が好きなもので
 ・ アーノルド・ノイマン アルテミス編の頃から
 ・ ディアッカ・エルスマン この愛をどうしてくれよう 苦労人なトコもね
 ・ ナタル・バジルール 男前だと思います!AAに残ってほしかった
 ・ フレイ・アルスター 客観的に見るといい子だなって

 ・ ステラ・ルーシェ 「ステラだけお留守番・・・」って可愛いすぎです!
 ・ スティング・オークレー 長男属性の苦労人なあたりがなんとも
 ・ ネオ・ロアノーク がんばれお父さん
 ・ アーサー・トライン いつまでもそのままのアナタでいてください

キラは、悟りひらく前のほうが好きでした。
ラクスも、浮世離れしたピンクの妖精さんの頃のほうが好みです。
[PR]
by nagikoku | 2005-04-21 23:59 | TVアニメ
近すぎ
b0057179_14384698.jpg
うちの若葉です。
モブログでなら、画像UPも簡単にできるね。

モバイルカメラで初めて撮った猫写真。
[PR]
by nagikoku | 2005-04-21 14:38 | ねこ
スクール・オブ・ロック(リバイバル)
ロックしようぜ!オーイエー!<それはラップだ、たぶん
という、ロックの知識も素養もゼロな私。でも最高に楽しかった!

デューイ先生の良いところを3つ。

1. とっても素直に感嘆できちゃう
「お前らスゴイじゃないか!楽器ができるなんて!」
ここね、てっきり
「なんてつまらなそうにやってんだ。よーし俺が真の音楽ってやつを教えてやるぜ!」
という展開かな、と。
些細なことですが、打算のない賞賛の言葉って、すっごく良いと思いませんか?

2. みんなに見せ場を与えてる
初めは、うるさいガキを黙らせるやっつけ仕事的なカンジでしたが。<ハイハイじゃお前マネージャー
自分の代わりはいないんだ、って思えるの大事。<世界にひーとーつだーけーの花~♪

3. いつでもポジティブシンキング
「ロックをやればモテるぞ!」<モテない中高生の発想ですか
「俺は世界一セクシーなデブなんだ!」<嘘も方便って、いいことわざだよねー

とにかく、子供たちがみるみるうちに輝きだすのを観てください。
抑圧された魂を解放する!それがデューイマジックだ!オーイエー!<もういい

終盤はツッコミどころ満載でしたね。
保護者から吊るし上げを食らっている校長のセリフ聞きました?
「子供たちが全員いなくなりました♪」
なんだその嬉しそうな顔はーー!?<デューイマジック再び
ザマミロ的な。待て、いや、その気持ちはすごく分かるけど(笑)。

ライブコンテスト。
なぜ子供たちが 制服 でやってくれなかったのか。
なぜデューイ先生だけが・・・。<おっさんの半ズボンなどいらん
あの統一性ゼロの衣装で良かったのですか。<どうした、おしゃれビリー
試作品だって、センスはともかく衣装としては良い出来だったのに!
ハッ、もしかしてこれが規格を押し付ける学校への反抗ってコト?
でもなローレンス、君には言っておく。血迷ったかその赤マント

「イケてない」のが悩みのローレンス君、
バンドをやってモテるようになったんでしょうか?はてさて。
まず君は、
シャツをズボンから出す<ハイここテストに出るよー
ことから始めような。
小さなことからコツコツと。千里の道も一歩から。

個人的には、ちょっとでいいからアカ抜けたローレンス君が見たかったのでした。
がんばれ。誰がなんと言おうと、私だけは君を応援しているよ。<散々言ったけどネ
[PR]
by nagikoku | 2005-04-03 00:00 | さ行の映画