<   2005年 08月 ( 12 )   > この月の画像一覧
容疑者 室井慎次(試写会)
【ちょっとした気付き】
灰島弁護士のゲーム機にぶら下がっていたのは、「クモ」のキーチェーン。


前にも言ってますが、「踊る」では室井さんがいちばん好きです。
どのくらい好きかと申しますと、
冒頭、
クラシックアレンジのテーマが流れる中、
東京湾を俯瞰していくスクリーンにあらわれた

 柳 葉 敏 郎

の文字を見ただけで感極まりそうになった。
そのくらい好きです。ずっと待ってたよ室井さん。

そんな私は、常々「踊る」に言いたいことがあります。
室井さんを出世させてください。
現場のために犠牲になる室井さんを、これ以上見たくありません。
いつになったら「上」に行けるの!?

そんな苦労人の室井さんが、さらに苦労する物語・・・。

この映画、前作「交渉人 真下正義」とホント対照的です。
重かったり暗かったりなお話だけど、ラストはすっきり。
後味の悪さがないといえばウソになりますがね。

あのクソ小娘がーーー!!って。
灰島弁護士もいいかげん神経逆なでしてくれますが、あの小娘!!
室井さんが、こんな小娘に頭を下げたのかと思うと・・・
こんな小娘のせいで広島に左遷されたのだと思うと・・・
広島に・・・

ありがとう小娘。

どこに居るのか分かりませんが、
庁舎を見上げるだけで、胸がときめきます。
ずっといて下さい。<出世は?

はっ、もしかして次回作では広島ロケとかあり?(ナイナイ)
激務にいそしむ室井さんのもとに結婚招待状が来るとかー(ナイって)


さて今回の見所は、室井さんの昔語り。
その話を聞いて思いました。
彼女の死が、室井さんを変えたのかなって。
自分を許せなくて、感情を押し殺すようになったのかなって。

・・・実は、室井さんは昔からああなんです。
彼女の日記を読めば分かります。(公開中&更新中)
コワイ顔で、風で飛ばされたパンの袋を追いかける室井さん・・・可愛い。
あ、でも真面目だけど意外にも積極的。
そういう意味では、やっぱり変わったのかな。

最後に。
室井さんの半分は、優しさで出来ているんだ。
残りの半分は眉間のしわ
[PR]
by nagikoku | 2005-08-25 00:00 | や行の映画
皇帝ペンギン(字幕&吹替)
映画「皇帝ペンギン」の良さは、ドキュメンタリーとファンタジーとの融合にあると思う。
いいトコ取りって、こーゆーことね。
ひさびさ映画感想~。

TV業界では「困った時は動物子供を使え」と、言われているとかいないとか。
そんな中、

動物で しかも 子供 って。

勝てるわけありません。なんの勝負かは知らんけど、もう最強。

というわけで観てきました。
なんと全国でも7ヶ所(公式サイト調べ)しか上映されていない字幕版もねっ(自慢)

・・・字幕版ちょっと眠かった。

あのフランス語が、なんとも心地良い眠りにいざなうのですよ。
眠ったら死んでしまう! と思ったかどうかはさておき。
実際に、眠って死んでしまうペンギンが登場します(涙)。

ペンギンって、なんでこんなに可愛いんだろう。
だって、あの体のほとんどは脂肪ですよ。慢性肥満体型ですよ。しかも等身は高いんですよ。
太ってて等身が高い生き物が、可愛いわけないんですよ(断言)。

なのに、可愛いって変。ねえ、なんでこんな可愛いの!?

ってくらい可愛かったです。もういいじゃん、可愛いんだから。


終盤、遊びまわっているヒナをカモメが狩りに来るんですが、
オトナが助けに来ないの。なんか、遠巻きに見てるの。
そこは、もうちょっとアグレッシブに守って欲しかった。

ホラ、攻撃は最大の防御って言うじゃん?
ペンギンって、その愛らしさとは裏腹に、かなりのチカラをもってるらしいし。
本気で叩かれたら、人間サマだって骨折するほどって聞いたことあるよ。

まあ一説によると、
逃げてきたヒナたちの群がりっぷりに、身動きが取れなかったとか(笑)。
怯えまくりのヒナたちが、きゅーっと360°みっちり身を寄せてきてて、ああもう可愛(以下略)

セリフつきで「擬人化しすぎ」との批判も聞かれる本作。
でもペンギンって、子供への愛着も強いんですね。
子供を死なせた悲しみのあまり、他ペンギンの子供を奪おうとするなど、ヒトとして深く共感できる行動があちこちに見られます。ママから離れられない甘えんぼがいたりね。

だから、ペンギンこそ擬人化にふさわしかったのでは、と思うのです。
真面目なドキュメンタリーにファンタジックな味付けをしたトコが、また良いんですよ。
CHARAの歌声が、そんな映画のテイストにマッチしてました♪

最後に。
映画「WATARIDORI」にペンギンが出てたけど、「皇帝ペンギン」で初めて実感できました。
ペンギンって渡り鳥なのね。
歩いて渡る、渡り鳥なのね~。

吹替版は、神木隆之介クン目当てで。ん~良いねえ♪
字幕と吹替、両方観に行ったのは「火山高」に続いて2作目です。
「火山高」といえば、クォン・サンウの映画デビュー作じゃなかったっけ?
あの頃は、これほどまでに人気が出るとは思わなかったよね(遠目)。
新茶のブレンドなんかしてたくせにねえ(笑)。

鑑賞日 字幕8.18 吹替8.21

[PR]
by nagikoku | 2005-08-24 23:58 | か行の映画
まぶしすぎるよクォン・サンウ様
まぶしすぎて、前が見えないよー!(逃)

ここ広島では、「マルチュク青春通り」が初日を迎えました。
それを知らずに「インファナル・アフェア」3部作リバイバルを観に行ったんですが、そこのミニシアターの小さなカウンターに所狭しとグッズグッズグッズの山!!

一瞬、百科事典でも並んでいるのかと思ったらジグゾーパズル。
クリアファイル、ノート、キーチェーン etc.

映画グッズじゃありません。クォン・サンウだけがデザインされたアイドルグッズの数々。

もうね、背景色がアイドルとしか言いようのない色使いなのですよ。
 爽やかブルー。
 鮮やかピンク。
「きゃぴきゃぴ☆」という表現が似合ってて困ります。
小学生ならフツーに可愛いと思える色かもしれませんが。

確かにね、クォン・サンウ好きです。大好きです。
でも。
こんなグッズはいらにゃい・・・(脱力)。
売れると思って、何でもかんでも作りゃいいってもんじゃなーい!

でも絶対、売れまくるんだろな。


あー、それと「インファナル~」観終わって劇場を出たら、道路にまであふれる

いまだかつてない長蛇の列 に呆然。

「恋する神父」では、一体どんなことになるのやら。恐ろしい。

無理だとは思いますが、そろそろ下火になって欲しいです韓流。
フツーに韓国映画を観たいだけなのに。
[PR]
by nagikoku | 2005-08-21 00:00 | 日記つれづれ
好きな韓国人俳優たち
広島での「韓流シネマフェスティバル2005」も堪能したこの時期、
今!私の好きな韓国人俳優♪をつらつら挙げてみます。
ちなみに順不同ですので。

 ◆不動のナンバーワン ・・・ ハン・ソッキュ
 ◆何故かナンバーツー ・・・ チャン・ヒョク
 ◆いきなりのランクイン ・・・ シン・ハギュン
 ◆ほほえみに癒される ・・・ アン・ソンギ
 ◆コメディも似合うとは ・・・ ソル・ギョング
 ◆デビュー作なかなか ・・・ イ・ビョンホン
 ◆とにかくカッコいいよ ・・・ クォン・サンウ
 ◆定番は外せません  ・・・ ソン・ガンホ

次点が、イ・ジョンジェ アン・ジェウク イ・ボムス ってトコかしらん。

私は顔では選ばんよ!顔でも選ぶけど!(←ニュアンスで分かって下さい)

とか言いながら、説得力ゼロ↓な大告白。
とりあえず、いま「恋人にしたいNo.1」はクォン・サンウです(きゃ♪)

妄想は続きます・・・。

 結婚するなら、ハン・ソッキュ。
 お父さんにするなら、アン・ソンギ。
 お兄さんにするなら、シン・ハギュン
 弟にするなら、イ・ボムス
 恋人にしたいNo.2、チャン・ヒョク
 たまに会えるいとこ、イ・ビョンホン
 近所のおじさんに ソル・ギョング ソン・ガンホ

とかゆーのはどーですか!?

あー楽しいなコレ。
[PR]
by nagikoku | 2005-08-16 01:17 | 映画つれづれ
リンダ リンダ リンダ
何と言っても「牛ダーツ」。
「オ~、かるびデース」って。
それは、韓国の紹介に何か役立っているのか。ソンちゃん。
こんな脱力系の笑いが、どうにも好きです。

ソンちゃんに告白する男の子も良かったね。
一生懸命韓国語で告白してるのに、発音悪くて通じなくて
ついにカンペを読み出す始末で。
キョトン顔のソンちゃんの返答もナイス。
「嫌いじゃないけど・・・好きじゃない(ケロッと)」

ペ・ドゥナ(ソンちゃん)って歌える子だったのね♪
ブルーハーツのCD買おうかなあ。
[PR]
by nagikoku | 2005-08-12 00:53 | ら行の映画
韓流って言葉は好きじゃないけど
「韓流シネマフェスティバル2005」に通い詰めている私は、立派に韓流。
1ヶ月で21本上映される映画のうち、19本観ようとしちゃって、少々ぐったり。
これから後半戦。疲れてるけどがんばるぞ~。

でも面白いです、韓国映画。

何が面白いって、韓国にもおバカ映画があるって分かったこと。
落ち着いて考えれば、「無い訳がない」んですけどね。
でもこれまで、昼メロ・悲恋・泣ける・痛い というイメージしかなかったので、新鮮。

「木浦(もっぽ)は港だ」
「セックス イズ ゼロ」 ←この邦題なんとかしろ。
「マイ・ボス マイ・ヒーロー」 ←この邦題もなんだかなあ。
「品行ゼロ」

良く言えば「コメディ」なんですが、ギャグのさじ加減を間違えてないか?
スプーン山盛りにした塩を、トントンとたたいて鍋に入れようとしたら、手が滑ってどさっと入れちゃった、みたいな。
ご飯はすすむが、ちょっと辛いぞ、みたいな。

そこで思ったこと。

こーゆー「惜しい」作品こそ、リメイクしたらいいじゃない。
ダイヤの原石を、磨いてみたらいいじゃない。
きっと、ものすごく輝きますよ?

ぶっちゃけ、名作はリメイクしなくても、色褪せない魅力があると思うし。
所詮リメイクは原典を越えられないものだと思うしね。
[PR]
by nagikoku | 2005-08-11 00:13 | 映画つれづれ
男というより、もはや「漢」だ
b0057179_2321928.jpg
豆腐のパッケージです。

←今や、豆腐も心意気の時代なのです。

前々から気になっていた「男前豆腐」を、ようやくゲットしました。
これを見つけるために、どれほどググったことか・・・(大げさ)
もう通販で買うしかないんだ、とあきらめかけた矢先にヒット!

ありがとう安西先生!あきらめたらそこで試合終了ですよね!
全国のAEONとイトーヨーカ堂で買えるみたいです、たぶん(無責任)。

この豆腐、1丁ごとに木枠で作っているとかで、ちょっとお高め300円也~。
実は、これよりも「風に吹かれて豆腐屋ジョニー」が欲しかったんですが、売り切れでした・・・。ちょくちょくチェックしに行こう。

三和豆友食品株式会社
男前豆腐店有限会社

公式サイト↑でテーマソングが聴けます。店頭で流してみたらいいのに(笑)。

【心意気を味わってみたよ】
[PR]
by nagikoku | 2005-08-09 23:21 | 日記つれづれ
すりーないん
b0057179_23185640.jpg
ついにやりました。

寝る間も惜しんで来る日も来る日も鶴に埋もれてきた、この数日。


これも全て、こう言いたいが為。


わたし、千羽鶴を作ったんだよ!




正確には、糸を通した折り鶴の数が1000羽。
・・・折ったのは25羽。(即カミングアウト)


まあでも、考えてみて?
ここに1000羽の折り鶴が散乱しているとするでしょ。
それを見て何て言う?千羽鶴って言う?

否、断じて否。

糸を通して、束にして、初めて「千羽鶴」と呼べるのですよ。
しかも一本につなげたのでは、やはり千羽鶴とは呼べません。暗黙のルールですね。

だから、私が千羽鶴を作ったのは、紛れもない事実なのです。
ね、ウソは言ってないよ。←ならなぜ小声。

ともあれ後世まで語り継ぎたいと思います。
あー疲れた疲れた。





ん?
b0057179_23245861.jpg
何か落ちてる。





!!
b0057179_23253143.jpg
おおおまえ、なんで残ってんのー!?(動揺)




私が作ったのは999羽鶴だったようです。
訂正してお詫び申し上げます。
後世にも語り継ぎません。
どうしよう。地味にショックだ。

b0057179_23255023.jpg
↑とりあえずコイツ、どーしたもんだか。。。
[PR]
by nagikoku | 2005-08-04 23:18 | 日記つれづれ
妖怪大戦争(試写会)
 小豆は世界を救う。



ひとことで言うとこんな感じ。
オチばらしちゃってゴメンナサイ~(←誠意ナッシング)





これほどまでに、お笑いだとは思ってなかった。(苦手な人もいるかもね)

芸人さんもいっぱい出てるのは、そのせいなのか?

でもそのおかげで、
試写会には親子連れも多かったけど、子供もめっちゃ楽しんでました。

夏休み映画として、ぜひどうぞ♪

あいかわらず神木隆之介くんは可愛いぞ~。(←オトナ目線)
[PR]
by nagikoku | 2005-08-04 22:22 | や行の映画
またまたバトン
またまたお友だちの城戸桜さんから受け取りました。
コミックバトンです~。

◆本棚に入ってる漫画単行本の冊数
200冊くらい。床にあふれかえっているのを合わせたら300弱かな?
あと押入れにもミカン箱3コ分・・・。いつか床抜けるかも。

◆今面白い漫画
「げんしけん」 (木尾士目)
オギー可愛いよオギー。いんくちゃんコス着てほしい。
同人誌つき特装版6巻ゲットならず・・・痛恨しましたっ(8/6)。

◆最後に買った漫画
「あふがにすタン」 (ちまきing)
国家を萌えキャラ化。これで国際紛争を学ぶのだ♪
さすが「もえたん」の三才ブックス。いいぞ、どんどんやれ!

◆よく読む、または特別な思い入れのある5つの漫画
「夕凪の街 桜の国」 (こうの史代)←騙されたと思って読むべし。
「蟲師」 (漆原友紀)
「GUNSLINGER GIRL」 (相田裕)
「メテオ・メトセラ」 (尾崎かおり)
「チキタGUGU」 (TONO)

◆バトンを渡す人
いないので、ここで終了します~。

※タイトルリンクはAmazonにジャンプしますが、アフィリエイトはしてませんので。
[PR]
by nagikoku | 2005-08-02 23:27 | バトン