<   2006年 01月 ( 28 )   > この月の画像一覧
民事訴訟管理局だってさ
さてさて、架空請求ハガキが来ましたよ。
初めてのことにちょっとドキドキ☆ ← 喜ぶな

文面などはコチラをご参照くださいませ。
管理番号と日付以外は同じです。

ま、ツッコミ所としましては・・・

 最初からいきなり 最終告知
 30日に届いたのに期日が 1月31日
 住所が千代田区なのに消印が 板橋北

ってトコですかね。

さらに住所で検索かけると・・・そこに建ってるのは 警視庁本部庁舎 でした(笑)。
ああ、踊る大捜査線でよく俯瞰されるあの建物ねー。

ネットで調べれば5秒で解決できる程度のお粗末な詐欺ですが、
未だにこんなハガキが出回っているということは、
明らかに詐欺業者が儲けている、

つまり、引っ掛かっているのは1人や2人や3人や4人や5人や6人じゃないってこと。

引っ掛かっちゃダメです。
電話なんかしちゃダメです。
電話するなら消費生活センターですよ!

だってこのハガキ、私だったから笑ってスルーできたのであって、
おばあちゃん宛だったりしたら、おばあちゃんオロオロして電話しちゃうかもしれませんよね?
(ウチは同居なので大丈夫なのですが)

なんだかムカっとしてきましたが、こんなサイトを見つけて和むことができました。
 → 感動の架空請求メール

お前らのやっていることは、全てまるっとどこまでもお見通しだー!
[PR]
by nagikoku | 2006-01-30 00:25 | 日記つれづれ
大人の階段のーぼるー
友人と鍋パーティをしました。
肉ではなく、タラとエビを入れました。これがまた、んまかったですv
おかげで食べ過ぎました。苦し・・・い・・・。

つけダレとして「ゆずポン酢」を使いました。これもまた、んまかったですv
余ったのでもらって帰りました。

実は、ポン酢なるものがウチの冷蔵庫に入るのは初めてのことです。
酢の物キライで、ポン酢の味を知ったのも大人になってからですし。
そして、ポン酢が美味しいと思えるようになったのは、ここ数年のこと。

大人になったんだなあ(何)。

思えばここ数年、
コーヒーが飲めるようになり(ブラックはキツイけど)、
キムチが食べられるようになり(単品はキツイけど)、
そのたびに大人の階段を登ってきた私。

次は何だろー?

ただ、ポン酢が好きになったとは言っても、トムヤムクンが食べ切れなかった私は
酢を克服できたワケではないようです。

酢の物なんかキライだあ。←コドモ
[PR]
by nagikoku | 2006-01-28 00:52 | 日記つれづれ
オリバー・ツイスト(試写会)
すでに何度も映像化、舞台化されているお話だそうですね。
私は初めて観ました。

監督いわく「暗い話にはしたくない」ということでしたが、明るくはならんわなあ。

面白かったのは裁判所のシーンで名前を聞かれたとき。
「水を・・・ちょっと・・・」が「サム・ウォーターズ」と聞き取られたところ。
日本じゃありえないよねー。
「水野千代」あたりならなんとかアリか?意味はないです・・・

いちばん辛かったのはナンシーです。
途中まではスリ仲間たちがみんな悪党に見えてたんですが
犬をけしかけようとするビルを止めたり、殴られるオリバーをかばったりするあたりから
あ、悪い子たちじゃないんだ、って分かったから。
うう・・・・・。

ブルズアイも賢い犬でしたね。
だからこそ、ナンシーの危機を救ってくれると信じていたのに・・・。忠犬めー。
でも、ビルに殺されなくて良かったですホント。
ナンシーの仇はとったしね。

始めからビルさえいなければ、いろいろ丸く収まったような気がしないでもないです。

そりゃスリは犯罪だけど、あそこまで貧富の差がある社会なら、
持たざる者が持つ者から少しぐらい頂いちゃってもええんちゃう?
盗んでたのって、ほとんどがその日の食事とハンカチなんだし。
あ、もちろん自分が取られたら絶対許しませんが(勝手)。

彼らの”ゲーム”は素晴らしかったです。もう芸術。
ちょっと「ルパン」で宝石をスリ取るシーンを彷彿とさせましたね。
しかもルパンみたいにドジ踏んでないし(笑)。
ルパンは逃げる時に転び、盗んだ宝石をぶちまけるというドジっ子ぶりでした。

そんなドジャーたちはどうなったのか。気になります。
ドジャーはちょいワルな表情がたまらん男の子でした。
ショタも良いものですね(いきなり何を)。

さて、ビルは極悪人だったとして、フェイギンはどうだったんだろ。
スリの元締めとして私腹を肥やしてもいたようですが、あまり憎めないキャラでした。
ビルと一緒になってオリバーを始末しようとしたので、評価ガタ落ちですけども。

まっすぐ進むんだ
絞首台の前で足が震えても
前へ。

フェイギン、それは反則だよ。最期にそんなコト言うなんて。
フェイギンは根っからの悪党でした。
それでいいじゃん  。・゜・(つД`)・゜・。うわあぁぁん


エンタメ@BlogRanking ← ラストにやられたって感じ

投票リンクです。クリックしていただけたら喜びますm(__)m
怪しいサイトにはリンクしてませんので(^_^;)
[PR]
by nagikoku | 2006-01-27 00:01 | あ行の映画
お帰りトニー・ジャー
「七人のマッハ!!!!!!!」を観た時に流れてました。

ぞーうさん
ぞーうさん
おーはなが長いのね
そーよ

ジャーさんはつーよいのよー

映画「トム・ヤム・クン」の予告編です。意味不明です(笑)。

「マッハ!!!!!!!!」では(オンバク)を取り戻すために戦ってたジャーさんですが、
今度はを取り戻すために戦うらしいです。

日本語公式サイトは、まだトップページだけしかありませんが、英語の公式サイトなら予告編も観ることができます。→ コチラ
まあ、何言ってるか皆目わかんないですけど(涙)。
最後に刑事役のおっちゃんが「中国、タイ、ベトナム、それとラオス!」みたいなことを言ってるのだけ聞き取れました。たぶん。

重かったですが、ジャーさんのアクションには惚れ惚れしたい方にはオススメ。

何といっても、日本語版みたいにふざけた作りではありません。
誰だよあんなバカみたいな予告編作ったの。ジャーさんに謝れー!
そして、せめて映画館で予告編が流れるまでには日本語サイトを完成させといて下さい。

とにかくジャーさんはカッコ良いです。
あの眼が良いです。
そしてたぶん今回も、強いけど純朴青年なはずです。
萌えー。


ぜんぜん関係ありませんが、この記事を書くにあたってトムヤムクンを初めて食べました。
アマノフーズのモニター募集でもらってたので。
あまし好みじゃなかった・・・完食できず(蟹玉は美味でした)。
トニー・・・私タイでは暮らせないわ。
[PR]
by nagikoku | 2006-01-26 21:39 | 映画つれづれ
命がけで頑張った危険なスタント
映画「七人のマッハ!!!!!!!」を観ました。

Movie Walker のストーリー紹介では妹に誘われって書いてありますけど、実際のシーンは以下のとおり。

妹「国境の村を慰問するの。保護者のサインちょうだい」
兄「・・・俺も行く」
妹「ええ!?ちょっとやめてよ!」

そんなシスコン兄ちゃんが主人公。
しかも、スポーツ省の公式慰問のはずなのに、当日あっさり同行大歓迎。
なにそのアットホーム展開は。
そんなご都合主義は私としても望むところです(謎)。

私が好きだったのは、問題児(青年)タブ。
タブは初め村のゴロツキとして、第一印象サイアクな登場をするんですが、突然の銃撃で仲間が蜂の巣にされる中、何故かひとり生き残ってしまうのです(笑)。
こいつ最後まで生き残るな、と。
良い奴になるな、と。
確信しましたね。一気に好きになりました。

でも相討ちで死亡・・・。惚れた女を守って・・・漢だぜ。

なのに。
マリ「タブは生きてるはずよ!」
いやいやいや、ガクって逝っちゃったんですけど。ガクって。
と思ったのに生きてました。ええ!?
マリはタブの想い人。どうやらテロリストから守ってくれたタブに惚れちゃったみたいです。
相思相愛だけど大丈夫かなあ、吊り橋効果。←いらぬ心配

そしてもうひとり好きだったのは、父を殺された少女。
仇を睨みすえる眼ヂカラに、ハートをわしづかみされました。
しかも闘う!いやーん、可愛いカッコいいーvv

「マッハ!!!!!!!!」の続編チックな扱いですが、ビックリマークは1コ減ってるんですよね。
でも衝撃度はこっちのが上でした。

人、死にすぎ。←そんな衝撃いらねぇ

敵味方問わず、ほとんど死んだんじゃないの?
子供たちは運良くみんな生き残ったみたいで、それがせめてもの救いです。

でもラストシーン、慰問団を見送る村人たちが大勢いました。
ほとんど死んでるはずじゃ・・・と思ったものの、あのタブが生きてたくらいだもの。
撃たれた人たちの大半は、奇跡的に生きていた!のかもしれません。
そんなご都合主義は(以下略)。

あと、七種のスポーツが登場したはずですが、
格闘技・球技・体操 くらいの見分けしかつきませんでしたゴメンナサイ。
個人的に体操で戦うのが面白かったです。
何故そこに鉄棒が。
何故そこに鞍馬が。
何故そこに平行棒がー。

タイ映画って「マッハ!!!!!!!!」が初めてで、これで2本目なんですけど、
タイ人ってみんなムエタイとかテコンドーがデフォルトで装備されてるみたいな印象です。
日本と聞いて「oh!サムラ~イ」とか言う米人の気持ち
ちょっと分かるようになりました。
まあ、そんな私の米人観がそもそも間違ってるとか言いっこナシです。


エンタメ@BlogRanking ← 核ミサイルだなんて、タイ映画はどこへ向かっているのか・・・

投票リンクです。クリックしていただけたら喜びますm(__)m
怪しいサイトにはリンクしてませんので(^_^;)
[PR]
by nagikoku | 2006-01-26 17:46 | 英数の映画
山村美紗のおもひで
実は、山村美紗の家をナマで見たことがあります。
修学旅行で京都に行ったときのこと。
旅館から清水寺にぞろぞろと歩いていく途中、ふと見ると表札が

山村美紗

なんか、芸能人発見!みたいな興奮に包まれましたよ。
発見したのはただの家なんですけどね。

そもそも修学旅行の名所めぐりなんて、思い出に残らないもの。
清水寺は工事中だったこともあって、山村美紗の家発見がいちばんの思い出でした。

でもしばらくして、有名人の家ともあろうものが、そんなに無造作に建ってるものか?
などという意味不明な疑惑にとらわれ、
もしかしたら何かの間違いだったかも・・・という思いが拭いきれていませんでした。

そんなことを思い出しながらチラ見した、ドラマ「山村美紗物語」。
京都で家を買うシーンがありまして・・・

忘れもしないあの家でした。


ああ、スッキリ。


それにしても、その隣が西村京太郎の家だったとは。
なぜ隣の表札もチェックしておかなかったんだ自分!
[PR]
by nagikoku | 2006-01-24 22:38 | 日記つれづれ
テンション
私のテンションは低空飛行。

昔はもっと浮き沈みが激しかったはずなのですが、どうやら低い方を維持する方向で来てしまったらしいです。

しかもここ数年、さらに低くなってきてる気がします。

そして今日、なぜかどん底でした。

何の理由もないのに、

あーもう私ダメかも。何にもやる気起こらないよ。もう何にもしたくないよ。もう疲れた。

と、このままでは「何のために生きてるのかな」というヤバイ考えに陥りそうなほどでした。

しかも、ここまで鬱になる理由が思い当たらなかったので、

何の理由もなく鬱になるなんてますますヤバイ。

と、客観的に自分を観察してるはずの自分までが鬱になりそうでした。

ま、朝の1時間ほどで元に戻ったんですけど。

・・・大殺界?


よーし、こんな時こそアニマルセラピーだ。
セラピストのわかば先生~。
[PR]
by nagikoku | 2006-01-23 23:58 | 日記つれづれ
私の視力は0.0
ネタじゃなく間違いじゃなく、実際に書類に書かれたことあります。
0.1未満しかない人は切り捨てで記入されてたみたい。
でもそんな書き方しなくても・・・と思ったのも事実です。

そんな私のハートを直撃した面白企画を発見しました。

その名も 裸眼会(らがんかい)

視力が良い人には冗談にしか見えないでしょうけど、マジですよ。
とはいえ、居酒屋で、勘でメニューを頼むところでは吹きました。
「このなますを・・・」
「それ期間です!フェアか何かの!」
テーブルに広げたメニューなんて、判別できるわけないんです。
視力0.0?の世界とはそういうものなのです。

私の視力の悪さは遺伝でもあります。
母は私が小学生の頃から心配して、いつもうるさく言ってました。
本を近づけて読むな。TVから離れて見ろ。
目が悪いと不便なんだから!

へぇ。

と聞き流してきた結果、こうなりました_| ̄|○
今なら親の気持ちが分かります。
でもその頃は「眼鏡ってカッコ良くない?」と思ってたくらいで。
親の心子知らず。

関係ないんですが、同じような企画で 腰低会(ようていかい) というのもありました。
改めて見てみると、みんな眼鏡っ子(違)。
[PR]
by nagikoku | 2006-01-22 23:02 | 日記つれづれ
たたかうお母さん
試写会で「フライトプラン」を観ました。

予告や宣伝文句が思わせぶりと言うか、期待させすぎと言うか。
結果としては、あっと驚くこともなく、バタバタ終わっていきました。
娘っちが出なさすぎ。可愛かったのに・・・。
ほとんど寝てたやん。

たぶんこの映画で一番とばっちり食ったのって、新車の持ち主じゃないかな。
保険に入ってたらいいんですが。
余計な心配ですか。

それにしても犯人。
そもそも棺を準備する段階から始まってるなんて・・・。
どんだけ要求したか知らんけど、割に合う犯罪だったの?
共犯がいたとはいえ、リスクが大きすぎです。
あそこまで上手く行ったのが不思議。

ラストに物申す。
機長、お母さんに謝罪。
乗客、気まずいながらも良かったねムード。
アラブ人、かばんを差し出す。
お母さん、わずかに笑んで受け取る。←問題はココ

無言ながらも「いいわ、水に流してあげる」とでも言いたげな表情です。

ええとお母さん、そこはあなたが謝るところですから。
娘がいたのは事実だけど、アラブ人にあらぬ言い掛かりをつけたのも事実。
彼は無実だったでしょ。

なんだかなー。
アメリカ人って、アラブ人は疑われても仕方ないとか思ってないか?
自分の非を認めるのって、そんなに難しいことですか?

いちばん可哀想なのは、あの名もなきアラブ人だな。
[PR]
by nagikoku | 2006-01-19 08:38 | は行の映画
半分かも!?
環境省の発表によると、今年の花粉飛散量は「平年並みからその半分」だそうです。

その理由は、
 ・去年の飛散量が多かった
 ・去年の7月の気温が低かった
からなのだとか。

なんにせよ、嬉しい予測です。

でも要注意。
去年、大量の花粉を吸い込んだ人は、少しの花粉でも発症するかも?だって。
花粉症じゃない人もお気をつけあそばせ。

たとえ半分でも油断は禁物です。
甜茶をやかんで沸かしてはガブガブ飲んでます。
効け~。
[PR]
by nagikoku | 2006-01-18 22:51 | 日記つれづれ