<   2006年 03月 ( 19 )   > この月の画像一覧
東宝系わんさか
新しいカテゴリ「予告編」を作ってみました♪
作りたいと思ったのが去年の8月なので、半年以上たってますね・・・。
思い立ってからの行動が遅い私。

では、「県庁の星」を観たときに流れた予告編です。
newは私が初めて観たという印です。

【ゲド戦記】new
 ジブリは声優を使いません。 それはポリシーらしいので今さら異議も唱えませんけど。
 ヒロインに新人を起用ですって。主題歌も歌ってて、大抜擢だね。声優としてはビミョー。
 主人公の声に岡田准一くん。顔は好きですが、声優っぷりはどんなもんか。期待してます。
 人と竜がひとつになるそうです。
 まだ世界設定がよく掴めていません。

【日本沈没】
 リメイクですね。オリジナルは観たことないんですけど。
 オリジナルは観ておくべきかもしれません。
 数少ない鑑賞経験から言わせてもらうと、
 リメイクがオリジナルのクオリティを越えるのは至難ですよ。

【トリック2】new
 上田次郎と山田奈緒子の仲が進展、するのか?無理、するなよ?
 ブラジルっと大公開。
 意味不明。
 大好きだ。

【がばいばあちゃん】new
 これネタで聞いたことあるわ。
 「腹へった」「気のせいや」
 「ご飯は?」「昨日食べたやろ」のおばあちゃんだよね。

【ダヴィンチコード】
 ちょっと怖そうだけど見逃すのはもったいなさそう。
 でもいくら原作が良かろうと、キャストが豪華だろうと、映画が良いとは限りませんからね。
 原作は読まずに臨むつもりです。
 どうか期待を裏切らないでくれ。

【チェケラッチョ】new
 若いって良いねえ。なオキナワ青春ムービーらしい。
 みんなで踊ってるのが面白そう。

【海猿】
 ドラマ見てないけど、観てもいいかなとは思います。
 大型客船が沈没してましたが、なんか異様に岸から近かったです。
 絵的にリアリティが薄いような。 
[PR]
by nagikoku | 2006-03-15 00:25 | 予告編
ホワイトデーとイナバウアー
バレンタインには誰にもチョコをあげなかったばかりか、頂いてしまった私です。
実のところ去年までは貰うだけ貰ってお返しのことなど考えもしませんでした(最低)。
なので今年からはお返しをすることにしました。
とりあえずアメちゃんでお茶を濁してしまいましたが。
ホワイトデーは3倍返しと世間では言われているというのに。

これぞ秘技・3割返し。
・・・来年からは改めますので何卒(まだ貰う気か)。

そして何のつながりもなくイナバウアーについて。
「あれは脚を見せる技だぞ?」
という衝撃の事実を知ってしまいました。

今さら「つま先を180度開いたまま横に滑る技」とか言われてもなあ。
聞いてないよ。
つーか見てないよ、脚なんて。
むしろ、のけぞった体勢を安定させるために脚を広げてるもんだとばっかり。

私、今までは「のけぞる=マトリックス」でした。
ちょうどその認識をイナバウアーで上書きしたところだったんですが。
どうしてくれよう。
[PR]
by nagikoku | 2006-03-14 00:09 | 日記つれづれ
裏血液型
やっとananを図書館で借りてきました。
結果。表A裏Bでした。
チャートだったのですが、曖昧なところとか迷ったところを選択しなおしても全て裏Bでした。
とことん裏Bでした。

このタイプは、A型の持つ協調性や生真面目なムードが薄れます。

ああ、なるほど。でも、

「目立とう」精神が顕著で、しかも「自分は特別」との自負が強い自信家。

ってのはどうだろうな。
実はコンプレックスありありで、なるべくひっそりと生きて行きたいタイプと自覚してますが。
むしろ自信家になってみたいものですよ。むう。
あ、でも

食玩コレクター

ってのは当たりまくりです。
今は「グリコ 大人の絵本」を集めています。
パロディ日本昔話がツボにはまりました。
[PR]
by nagikoku | 2006-03-12 19:29 | 日記つれづれ
もう後には引けない
FF12予約しました。
プレイする時間がないとか言ってましたが、
いざやり始めるといろいろ犠牲にしそうで怖いです。
休日なんか確実に引きこもります。
睡眠時間も削ります。

・・・今とあんまし変わんない(涙)。

しかも発売日の翌日、有休とってました。
狙ってません。まったくの偶然です。
いや、むしろ運命かも。

本当は「ZガンダムⅢ」観に行く予定なんですが。どうなるかなあ。
いちばんの心配は映画の時間まで削りそうなこと。
[PR]
by nagikoku | 2006-03-09 00:44 | 日記つれづれ
空前絶後のピアノブーム
嘘です(のっけから)。
友人が「のだめカンタービレ」の影響でピアノを始めた、というだけです。
私も幼稚園から小学校卒業まで7年間ピアノを習った経験があるのですが、
笑っちゃうほど上達しませんでした。

とちらずに弾けた試しがない。

当時の自分にしてみれば、笑えない状況でした。
正直言って、楽しく弾いた記憶がありません。
やめるときは嬉しくて内心小躍りしてました。・・・やな子供。

それから時は流れ・・・。
やっと、「趣味として弾くのは悪くないかもしれない」と思えるようになりました。
前述の友人の影響も少なからずあります。
ある意味これも「のだめ」効果か?

折しもFF12発売直前で、私は気分を盛り上げるために
FF8の「Eyes on me」やFF9の「Melodies of life」を聴きなおしていました。

これ、弾けたらきっと楽しい。

でもまだ弾けるかどうかも分からないし、楽譜買うのもなあ。
そうだネットで探してみよう。

そしたらいろんな音楽サイトが出てきました。ピアノ、MIDI、楽譜 etc.
はずみでこんな動画まで。
 → 驚愕のマリオピアノ (まとめページっぽい)

通常の3倍で弾いています!(Tシャツが赤けりゃ・・・)
目など飾りです!偉い人にはそれが分からんのです!
連邦のモビルスーツはこの音大生は化け物か!?


と思わずにはいられません。
もちろん私は彼のように弾けないし、そんな高望みをするわけでもないけれど、こんな風に
自分の好きな曲を楽しく弾けたらどんなに良いだろうと思ったのです。

ただ問題は、
今さらピアノに触っているところを親に見られるだけでも恥ずかしい、ということだけです。
なので、親のいぬ間にこっそり弾いてみる事にしましょう。
頑張れば、バイエル程度はいけるはずだ!←根拠のない自信



 → そして弾いてみましたが・・・ううむ。
[PR]
by nagikoku | 2006-03-08 05:23 | ピアノ
HP回復~
b0057179_04244.jpg
b0057179_083219.gif


限定発売とのことで、ソッコー買ってきました(左)。
本当はプレミアムボックス(右)が欲しかったのですが(特に右から2番目のやつ)、
それこそプレミア物になっちゃってるので潔くあきらめました。あーあ。

えー、いろんなものが入ってます。大半がハーブらしいですが、ほとんど知らないです。

 ローヤルゼリー
 プロポリスエキス
 エルダー
 カモミール
 セージ
 タイム
 ヒソップ
 フェンネル ← 武器っぽい?
 マジョラム ← 化粧品っぽい(マジョリカマジョルカのことだと思われ)
 マンネンロウ
 メボウキ
 メリッサ ← ポルノ・グラフィティ~♪
 カフェイン ← 回復というより覚醒系では・・・

味がまとまってません(笑)。
ファイナルファンタジーの「ポーション」でなければ売れなかったでしょうね。
いっそ中身は「DAKARA」とか「アミノ式」詰めて、プレミアムボックスを限定解除で生産してくれれば良かったのに・・・(未練)。

そしていよいよFF12発売まであと少し。
欲しいことは欲しいのですが、問題はプレイする時間があるのかということ。
プレイはプレイでも放置プレイとかになりはしないか?

そこで最近、FF8の「Eyes on me」やFF9の「Melodies of life」を聴きなおして気分を盛り上げているところです。
[PR]
by nagikoku | 2006-03-07 00:14 | 日記つれづれ
二匹の 「美しき野獣」 ?
美形は好きですが、むさい男は嫌い。
じゃあ、美形がむさくなったとしたら・・・というお話です(大嘘)。
私が好きなのは「恋する神父」の爽やかギュシクであって、野獣ドヨンじゃないの。
正直、今のあなたは愛せない・・・。<そもそもクォン・サンウに見えなかった
そんなわけで今回はユ・ジテに大注目でした。
スーツ姿に超萌えーvv

という私の好みなどどーでもいいですね。
「ナギちゃんは目ェつぶらにゃいけんシーンが多いじゃろう」
先に鑑賞した上司に言われましたが、そのとおりでしたよ。これだからヤクザ物は。
常に次を予測して目をつぶってました。銃とかダメなんですホント。
「大丈夫だろう」運転はいけません。「かもしれない」運転でないと。
あー鉄パイプ怖かった怖かった。

だから指とか切り落としてんじゃねえってばよおおぉぉ(((( ;゚Д゚)))
事態を敏感に察知して、肉を口にしなくなる子供たちが印象的でしたよ。
子は親を選べないとはいえ、あんなパパで幸せだったかい?子供たち。

全ての始まりであるドンジン刺殺事件。
全然関係ないんですけど、ドヨンめっちゃ足速いんですね。
だってさ、いろんな車を乗り越えつつ当たられつつ、全速力で逃げる車を足で追うのよ?
なのに角を曲がったトコでほとんど引き離されてなかったんだよ?
初めは無茶な追い方だと思ったけど、
「フライ,ダディ,フライ」ではお父さんがバスとの競争に勝ったという前例もあることだし・・・。
ドヨン、日頃の鍛錬が足りんな(アレ?褒めてたはずなのに)。

もいっこドヨン。
蜂の巣になっちゃったあと、手がアップになるシーン。
てっきりファイティン型になってるものだと(笑)。
伏線かと思ったのになー・・・(´・ω・`)

カメラワークがちょっと面白かったかも。
オ検事がドヨンを仲間に引き入れる居酒屋でのストップカット。
映画の中盤で使われてるのって初めて観ました。
思わず「以下次号!?」とか思っちゃったじゃないか。
あと手ブレも多かったような。<それカメラワークと違う

とはいえこの一連のシーンはカッコ良かったですけどねv
全く相容れないはずの2人が手を組むシチュエーションって大好き。
これって、許容できない部分を抱えながら、それ以上に必要とし合ってるってことで。
しかも男同士の友情。コレに尽きます。

その最たるシーンは、オ検事がドヨンにライターを贈ったところです。
なんといってもユ・ジテの笑顔が良かったんだわ~。
冷徹な男がふと見せる柔和な微笑み。コレが萌えずにいられようか。
いちばん好きなシーンです。
ユ・ジテの微笑みって、ちょっとハン・ソッキュに似てたような気がしました。
私ハン・ソッキュ愛してるので、その流れでユ・ジテにも惚れそうです。

ラストについて物申す。
結局力技かよ、と。殺すのが勝ちなのか、と。
法が役に立たないのだから仕方ないのかもしれません。
そして実際、悪人も大物になると法では捕らえられないのかも。
でもね?
そこは映画として、
やっぱり法の力で決着をつけてほしかった。
だって証拠を見つけたんですよ?あのメモを!<チンピラ無能だな
ドヨンは我慢できずに特攻して死んじゃったけど、検事は違うと信じたかった。
最後の最後は、検事がその理念と正義でユ・ガンジンを裁いてほしかった。

野獣はドヨンだけで良かったのです。
ガンジンを撃ち殺したあと、検事が見せる微笑み。
あれは自嘲の微笑だったと信じたい。
検事があんなに大事にしていた法の理念を完全に捨てて、野獣と化したわけですから。
ま、それでタイトル通りになったわけですけどね・・・。
あんなのは違うっ。違うんだあああぁぁぁっ。・゚・(つД`)・゚・。

あと、字幕では「検事」でしたけど、ハングルでは「検事様」って言ってましたね。
打ち解けたドヨンでさえ「検事様」って。
韓国って敬語が徹底してますね。
[PR]
by nagikoku | 2006-03-03 23:58 | あ行の映画
365歩のマーチの謎
仕事中にふと浮かんだ素朴な疑問。
一日一歩 三日で三歩 三歩進んで二歩下がる♪
で、何日で何歩進めるワケ?と。
(私の仕事振りについては質問を受け付けません)

帰宅途中につらつら考えた。
三日で三歩進んだうえに二歩下がると、結局三日で一歩しか進んでないのか?
いや待て。
一日一歩 なのだから、二日かけて二歩下がっているのか?
つまり、五日で一歩のペースなのか?
ま、わざわざ二日かけて二歩下がる意味が分からんけども。
なにか深遠な意味があるに違いない。
うむ。

とまあ一応の結論を出したんですが、
他にも同じような疑問にぶつかった人はいないのか気になってしまって。
Google先生に聞いてみました。

「一日一歩三日で三歩 三歩進んで二歩下がる」で 検 索 !

「なぜわざわざ二歩後退するのか」
「3日で1歩なら1年で120歩くらいじゃないか」←3日で1歩のペース派
「365歩じゃなくて73歩のマーチじゃないの?」←5日で1歩のペース派
いやー、みんなに言いたい。お前は俺か。

と安心していたのも束の間、それらは間違ってると教えられてしまいました。
参照は、この記事とかこのメルマガ(下のほう)とか。

「365歩のマーチ」ですよ?1年で365歩進むワケですよ。
そこを否定しちゃいけない。
つまり、1日で1歩が大前提。
「三歩進んで二歩下がる」は3日でやるのでも5日でやるのでもない。
1日の動きなんだ。だから1日で1歩なんだ。

一進一退を繰り返しながらも、一日一日進んでいくんだよ と。

ああ。。。今まで歌に込められたメッセージを全く受け取れていなかったのね。。。
[PR]
by nagikoku | 2006-03-02 18:24 | 日記つれづれ
プチ断食?
強行軍で、なんとか3本観れました。
時間的に恐ろしいほどギリギリだったため、お昼ごはんが食べられませんでした。
晩ごはんはカップラーメン。
「燃ゆるとき」観たら食べずにはいられません。
あー、レモン&チキン味が食べてみたい!
イチゴ味はいらんが。
試作にしても作るなよ、そんなもん(笑)。
果物ってだけで作っただろ絶対。
[PR]
by nagikoku | 2006-03-01 21:41 | 映画つれづれ