<   2006年 04月 ( 19 )   > この月の画像一覧
プレイ6回目くらい
FF12。
まだ地下にいます。お天道様が恋しいよ。

バッシュがやっと服を着てくれました。いやー痛々しかった。
そして王殺しの真相を話してくれたのですが、

あれは私ではない。双子の弟だ。

ときたもんだ。
いまどき漫画でもそんなベッタベタな設定はありませんよ?
まあバッシュは嘘つかないと思うので真実なんでしょうけど、あの場にいたら誰だって

おいおい嘘つくんならもっとマシな嘘をつけよ~

って思うわなあ。
いずれ兄弟対決とかあるんでしょうか。
傷の有無で見分けないといけないのかな。
[PR]
by nagikoku | 2006-04-30 15:37 | ゲーム
虐殺の丘 ホテル・ルワンダ
愛の反対は「無関心」 byマザー・テレサ
この無関心こそが100万人を見殺しにしたと言っても過言ではないでしょう。
虐殺のスイッチが憎しみだったとしても。

印象的だったのは介入軍が去ったあと、自衛するしかないと説くポールの言葉でした。

 各国の要人に電話をかけ、私たちの危機を知らせて、お別れを言いなさい。
 そして電話越しに相手の手を握りなさい。
 その手を離したら私たちは死ぬのだと伝えなさい。
 彼らが恥じて救援を送るように。

その直前にポールが同じことをホテルのオーナー相手にやってましたね。
「ありがとう、さようなら」
と言い出したときは本気で諦めてしまったのかと思いましたが、作戦でしたか。

ポールは本当に頭が良い。
助かるために 何が必要で 何が出来るのか をよく分かっていました。
賄賂を贈り、金品で命乞いをし、ハッタリで切り抜ける。
これは単に勇気の物語なんかではないのです。
予告編はいい感じの美談に仕立ててましたけどねー。(それも「作戦」か、うむ)

もうひとつ印象的だったのは、国連平和維持軍(PKO)。
「平和『維持』軍だ。介入はできない」
などとほざいてた登場シーンでは即座に「ノー・マンズ・ランド」を思い出し、
「ケッ、知ってるよ役立たず」と内心ツバ吐く思いでした。
ところがどっこいオリバー大佐はものすごく頑張ってました。ちゃんと体張ってました。
「私にツバを吐け。介入軍は去る」
めっそうもない。その人柄にも惚れましたよ大佐。

この映画の上映のために活動している方が言うには、
ルワンダの人たちにとって「ニホン」よりも「ヒロシマ」の方が身近なのだそうです。
同じ「虐殺」を経験した地として。
でもね、やっぱり全然違うと思いました。
戦争で敵国から攻撃を受けるのと、同じ国の隣人が襲ってくるのとでは全然違う。

とにかく 戦争は兵士だけでやれ って話ですよ。

民間人に銃を向けるな!貴様それでも軍人か、恥を知れ!
って叫びますよ叫べないけど。(戦争を肯定してるわけじゃありません念のため)

だって軍隊は民間人を守るためにあるんじゃないの?
その本質を見失わないでいただきたいものです。見失われ過ぎにも程がある。
映画の内容とはちょっとずれてますが、そんなことを思いました。

英米仏の介入軍がルワンダでやったことは外国人(自国民?)の救出のみでした。
虐殺を止めもせず、命の危険にさらされているルワンダ人(主にツチ族)の避難にさえ手を貸しませんでした。

ルワンダには価値がないから。

露骨すぎてホント嫌になります。
中東のように石油でも出てたら、嬉々として軍事介入したでしょうにね。
正義だ何だとキレイごと並べてないで行動で示しやがれこの偽善者。

でも、もっと嫌になるのは、あるジャーナリストの言葉。
「虐殺の映像を見ても人々は『怖いねー』と言うだけでディナーを続ける」
私のことですね。
キレイごと並べてないで行動で示しやがれこの偽善者。
そっくり自分に返ってきました。ホント嫌になる。

観終ってトイレに行ったら、膝がガクガク震えてて逆に笑えました。
ルワンダのコーヒー産業発展の為に「ルワンダ・コーヒー」を買おうと思ってたのですが
1袋2500円は高すぎでした。しかも私コーヒーほとんど飲まない人だし。
ごめんねルワンダ。力になれなくて。

まあ何が驚いたって、ジャン・レノがちょい役(でも重要な役)で出てたことでしょうか。
この映画にジャン・レノはいらんだろう。好きだけどさ。
[PR]
by nagikoku | 2006-04-29 03:58 | は行の映画
ざっくり
「白バラの祈り」の印象があまりにも強かったためか、恐ろしい夢を見ます。


ギロチンで処刑される夢を・・・。


せめてもの救いは「夢だから大丈夫」という自覚があることと、
実際痛みは全く感じないことですかね。
でもギロチンに首を突っ込む時に髪の毛をかき上げられる感覚が妙にリアルで(滝汗)。

嫌なのは切られる感触が分かること。
刃が首を通っていくのが分かるって、ものすごく気持ち悪い。
夢ならではの感覚ですよ。ありえない。

この夢2回も見ちゃったんですけど。
ヤメテヨー(;_;)コワイヨー

ああでも、首切られてもしっかり意識はありました。
不死身?
[PR]
by nagikoku | 2006-04-29 01:13 | 日記つれづれ
流す
起きる

コンタクト入れなくちゃ

コンタクトケースを開ける

顔を洗う

あースッキリ

コンタクトケースを洗う

乾かす












まだコンタクト入れてなかった




ギャー


寝ボケていたんだと思いたい。
ボケ始めたのではなく。
2回目だけどね・・・。
[PR]
by nagikoku | 2006-04-28 19:32 | 日記つれづれ
重いの2本
「白バラの祈り」「ホテル・ルワンダ」を観るつもりだったんですが。
「白バラの祈り」観終わって出てみると長蛇の列。
並ぶか・・・?と逡巡していると「61番目のご入場でーす」と聞こえてきました。
この時点で61番目だと、私の頃には
おめでとうございます。100番目のご入場でーす」となりかねません。
くじけてしまったのであきらめて帰りました。
100席+補助席があるから観られないわけじゃなかったんですけどね。
仕事帰りにでもあらためて観ることにします。

すごいなルワンダ。

白バラも朝一なのにほぼ埋まってました。
信念に従って生きられない世界って嫌ですね。
[PR]
by nagikoku | 2006-04-23 19:22 | 映画つれづれ
軽いの2本
「寝ずの番」「ビッグ・スウィンドル!」観てきました。

何が驚いたって、「寝ずの番」の盛況ぶりに。
卒業何十年?なプチ同窓会の様相を呈してるグループもありました。
R-15なだけあって下ネタ満載!
中島らも万歳!

そして「ビッグ・スウィンドル!」は韓国映画。
韓流のオバサマたちがわんさか(自分のことは棚上げ)。
「デュエリスト観たわよ~」
「キレイだったわカン・ドンウォン!」
「でも内容は分からなかったわね」
えー。キレイなのはハ・ジウォンじゃないの?
しかも内容が分からないってアナタたち・・・俳優だけじゃなくて話も観てあげてくださいよ。

でも公式サイト見てみたら、確かにキレイでしたよカン・ドンウォン。
どっちがヒロインだかってくらい(笑)。
[PR]
by nagikoku | 2006-04-22 17:02 | 映画つれづれ
寝ずの番
あっはっはR-15指定~。
いやはや予告でも流れてましたけど、ここまで下ネタ満載だとは!
しかも底抜けに明るい。やらしくない(かどうかは知らない)。

 しょ しょ 処女じゃない 処女じゃない証拠には
 つ つ 月のもんが3ヶ月もないないない
 彼女のおなかは ぽんぽこぽんのぽん

ぐらいが一番マイルドな歌だったかと。
TVだったら歌詞がほとんどピーーーーになるような歌もあって、
とても私の口からは言えません(笑)。伏字にするとこうなります↓

はあ~~~♪○○○○○○と威張るな○○○ ○○○○○○の爪楊枝♪

春歌というそうで。
そんな歌をあっけらかんと木村佳乃や中井貴一が歌うのです。
しかも良い声。

師匠ひとりの通夜のお話かと思いきや、3人分の通夜のお話でした。
そして通夜の中身は思い出話バカ話。

一番面白かったのはやかんの話。
 やかんが大きい人は沸騰するまで時間がかかるが
 なかなか冷めない

芸がパッとしない師匠の息子を励ますシーンで、わ~良い話だ~と感心していたら、
「でもガスは点けときなはれ」
「水も入れときなはれ」
「やかんに穴あいてまへんか」
と次々にツッコミを入れて逃げていく兄弟弟子たちに大笑いでした。
アンタら励ます気あらへんやろ。

師匠のあの世行きを祝しまして、乾杯ー!

実際やったら不謹慎この上ないセリフですが、いいなあと思いました。
死は不幸だとか忌むべきものみたいに言われてますけど、その人の人生の幕引きです。
だったら「お疲れ様でした!」「おめでとう!」と拍手で送るのもアリじゃない?
この映画みたいに、時々ホロリとしつつ思い出話で笑って笑って夜を明かす。
きっとそれが一番の手向けじゃないかな。

死人のカンカン踊りはしなくても良いですけどね!
このシーン、師匠役の長門裕之さんはへとへとだったそうです。死んでるのにね。
「もっとこうさあ、楽しそうに死んでる感じで」
などという津川監督の注文があったとかなかったとか(笑)。


分からなかったことがひとつ。
師匠の奥さんはどうして「あーちゃん」と呼ばれていたのですか?
志津子さんなのに。

その志津子さん、そりゃもー熱烈に愛されていたのですね。
だったら、おそそは志津子さんのでOKだったんじゃあ?
びーえーびーえーババアでもね(笑)。

で、蛭子さん・・・アンタ何しに出てきたん?
[PR]
by nagikoku | 2006-04-22 02:06 | な行の映画
プレイ3回目
やっとバルフレアに会えましたvv

「つれない女神ね」「じっくり落とすさ」
アンタしょっぱなから腐女子にサービス発言ですか。
思わず喜んでしまっ・・・ゲフンゲフン。

でもやっぱりバトルシステムが苦手です。
せめて花いちもんめ形式でやってほしいです。
敵味方が入り乱れると混乱します。不器用なので(T_T)

そんでもってラスラ。
主題歌「kiss me good-bye」のプロモーションビデオで、ラスラとアーシェが映ってます。
結婚式じゃなく、城のバルコニーみたいなトコで手を取り合って微笑んでるの。
最初は回想シーンなんだろうなーと思ってました。
でも、ラスラ生きてるんですよね(デマだったら泣くよ)。
てことは、これラストシーンだったりするのでは。
てことは、ラスラとアーシェは幸せになるということでは!
キャー。

でも歌詞には「kiss me good-bye love's memory あなたを失っても」という箇所が。
(日本語ヴァージョンより)
危ういなあ。
主題歌って中盤以降クライマックスで流れそうな気がするので、
その時点で「あなたを失っても」とか言われると・・・。
ウガー。

そしてCMでも流れていた「過去を断ち切れば・・・自由」というアーシェのセリフ。
これ終盤で言われたら望み薄ですよね。「過去=ラスラ」のはずですから。
ぜひとも序盤で言ってもらって、後半に望みを託したいところです。
私は熱烈に「ラスラ×アーシェ」を応援しています。

それまではぜひ、バルフレアに頑張っていただきたい。
女ったらしの空賊と高潔な王女のカップリングって良くない?
[PR]
by nagikoku | 2006-04-22 00:55 | ゲーム
ネコ不足
プチ侵入のせいで若葉を親の家に里子に出して早4ヶ月。
私がいつまでたっても対策をしないので、連れて帰れません。
たまーに一時帰宅させているものの、ネコ切れ(注1)です。
ネコが・・・ネコ分(注2)が足りん・・・!

ということで今 ネコキャバではない。 というブログに入り浸っています。
東京にあるネコ喫茶のブログなのですが、んもうネコまみれ。
写真も動画も決して「上手い!」ワケではないのですが、愛にあふれてて。
「ヴィー太!チョフ殿下!にーしーんー!」と、気分はすっかり常連客です。
パラダーイス。

そして最近そのネコ喫茶に新しい猫スタッフが入りました。
捨て猫ポッキー生後20日です。
犯罪並みに可愛いです。
なぜ捨てるか(怒)。

思えば若葉も捨て猫で、ちょうどポッキーくらいの頃に家にやって来たのでした(遠目)。
ポッキーと同じように哺乳瓶で猫ミルクを飲ませ、
ポッキーと同じようにヨロヨロと這い回っていたものでした。

見た目はまったく違うけども!
毛は薄くて地肌丸見え、お腹パンパンでアフリカの飢餓の子供状態でしたから。
栄養失調だったのでしょうね。
可愛さも失調してました。
ネコ好きの私が、見たとたん半笑いになったくらいです。


b0057179_1754295.jpg


それがこんなにおおきくなって(ノ_;)ヨヨ

最近の待ち受け画像。
目付きが悪いだけなのですが、凛々しく見えないこともない(親バカ)。
アスラン!(注3)とか呼んでみたり。


 (注1) ヤク切れ みたいな感じで。
 (注2) 鉄分 みたいな感じで。
 (注3) ナルニアですよ。ガンダムじゃありませんよ。

[PR]
by nagikoku | 2006-04-21 17:05 | ねこ
ファイヤーウォール
つまりファイヤーウォールはハッカーの前には何の役にも立たないと。
ていうかファイヤーウォールの存在を全く感じなかったんですけど。
根底から覆すようで悪いけど、セキュリティちゃんとしてたの?ねえねえ。

「・・・バーイ、ジャック」
うわ父親を名前で呼びやがったよこの娘。
兄弟を名前で呼ぶのはともかく、親を名前でっていうのは初めて聞きました。
反抗期だねー。

「娘は美人だな」
って見てるのは叫び顔の写メでしたよね。
そーゆーフェチもあるのねえ(違)。

ボブと秘書がとばっちりで可哀想でした。
でもボブはあんまり気にしてなかったのかな。ライヴやったりして大丈夫かボブ。
反面秘書はかなり損な役回り。セクハラされたり(笑)、不当解雇されたり。
車は炎上しちゃいましたし。
あ、でもスタンフィールド家の恩人として新しい車ぐらい貰ったかもね。

アンディ。君は何歳だ。文字が読めないのか?
クッキーにナッツが入っているかどうかを犯人に尋ねるか?フツー。
言うことを聞くよう脅されても「たぶんね」と答えてたから、利発なマセガキかと思ったのに。
でも信じる心は美しい。その純真さよ永遠なれ。
アンディ君かわいかったです。<結局そこかい

いつ撃つか、いつ撃つかとハラハラして耳を塞ぎっぱなしでした。そして目は半眼。
最後の殴り合いが一番安心して観られたという不思議。(とどめは見なかったけど)
銃は苦手です。怖かった。

元々こーゆー犯罪って、
セキュリティを逆手に取るとかセキュリティの穴につけ込むとかプログラムの隙を突くとか
デジタルでスマートなものであるはず。
なのに結局ガンガン撃っちゃうのかよ。

敗因はそこでしょうね。
事はエレガントに運んでいただきたいものです。
スマートな犯罪を見せてくれ。
なあビル。
ジャックに罪をなすり付けるためにハリーを殺すとかやりすぎだから。
それに仲間をあんな風に殺しちゃイカンよ。
結束のないチームほど脆弱なものはないんだよ。

まあでも、よもや犯人グループ全滅とは思いませんでした。
リーダーが一番のお気に入りだったので、ジャックがちょっと憎いです(笑)。
そして坊主頭くんが次に好きでした。
情に流されて口のガムテープ剥がしたのが死亡フラグでしたね。
その瞬間からいつ撃たれるかとハラハラして耳(以下同文)
(ごめんなさい犯人グループの名前が全然思い出せません誰か教えてください)

ちなみに最初にビルに振り向きざま撃ち殺された奴はどうでもいい。
ちゃんと仕事しろ(酷)。

それにしてもジャックお父さん(ハリソン・フォード)、老体にムチ打って頑張りました。
でもお父さん、車で突っ込むとかやりすぎだよ。
フツーなら死んでるよ。
[PR]
by nagikoku | 2006-04-19 09:32 | は行の映画