<   2006年 06月 ( 17 )   > この月の画像一覧
この名前で
近所にオードリーという猫がいます。
野良でしたが、とても人懐っこいので飼われることになり、その名前をもらったそうです。
どのくらい懐っこいかと言うと、

ガレージの屋根に乗っていて、私が気付かずに通り過ぎようとするのをミャーミャー鳴いてわざわざ呼び止め、立ち止まった私の足元に飛び降りてすり寄ってきた

ぐらいです。
しかもそれが初対面でした。
警戒心のなさにも程があるぞオードリー。
しかしその無邪気で無防備な姿が人々の心をゲッチューしているのもまた事実。

そのオードリーに、帰り道ばったり会いました。
しばらく街路樹の根元を嗅ぎまわったあと、くるっとお尻を向けて・・・しゃーーー。
おいおい飼われのくせに外でトイレとは何事か、とよく見ると。


おしっこ後ろに飛んでました。


オードリーお前・・・





オスやん。
[PR]
by nagikoku | 2006-06-29 00:07 | ねこ
危機管理能力ゼロ
シロヤギさん郵便局からお手紙着いた。
クロヤギさんたら読まずに食べた。


 あなた様のキャッシュカードが当局のATMに残っておりましたので(以下略)


お金を下ろしたあと、取り忘れていたようです。
全く気付いていませんでした。
「あんた・・・」
母に真顔で絶句されたのは初めてのことです。

今まで、キャッシュカードを取り忘れるなんて信じられない、と思ってました。
つまり、もう自分を信じられません。

暗証番号が誕生日や電話番号とは全く無関係な数字なのがせめてもの救いです。
にしても、失くしたことに気付かなかったのが大問題ですね。

こうやって人はボケていくのか・・・と先が思いやられます。
カサも忘れちゃうし、コンタクトも流しちゃうし。

むうう。
[PR]
by nagikoku | 2006-06-25 23:16 | 日記つれづれ
エンディング
後日譚だよFF12。

語り手はパンネロ。ますます可愛くなっちゃってます。
ホント、ヴァンはRPGのプレイヤーキャラとしての役割だけを担ってたんですね。
1年後も特に変わった様子はナッシング(笑)。

飛空挺どうやって買ったんだか。

と思ったけど、おたから売って稼いだお金はヴァンとパンネロが全取りしちゃってますよね。
そら買えるわなあ。
かく言う私は、バハムート突入直前に100万ギル持ってました。持ち腐れ。
私も飛空挺ほしいー。
ベルベニア行きたいー。

双子はちゃんと和解できたようで良かったです。
その後の展開は想定外でしたが。
双子のお約束、と言えなくもありません。
ガブラス・・・。


エンドロールの曲はいつものテーマ曲ではありませんでした。なんか残念。
背景はキャラたちの淡いイラストでした。

チョコボに寄り添う幼いアーシェ、うさみみ3姉妹、ソリドール兄弟、少年時代の双子。
ヴァンとパンネロとちっちゃな子供たち。
美少女情報部員をはべらせるアルシド。おい。
フランにおイタをしようとしてつねられるバルフレア。おいおい。


そして。





幸せそうに赤ん坊を抱いたシドが。

ちょっと泣きそうになりました。胸が詰まりました。
これを見られただけでも、クリアした甲斐があったというものです。

本当に。
[PR]
by nagikoku | 2006-06-25 05:25 | ゲーム
バハムート脱出
ああ終わってしまうFF12・・・。

やっぱり主人公は空賊バルフレアでしたというお話。
最後の最後でおいしいトコ掻っ攫って行ってくれました。

ただ
「はいはい、命を粗末にするのは流行らないよ」
だの
「アレキサンダーのバカジャッジを止めてくれるぅ?」
だの、ちょっと口調が変わってませんか。

 あ、ジャッジ・ザルガバースもちゃんと見せ場があって良かったですね。
 この人、一番まともな軍人の鏡だわ。


そしてヒロインはアーシェ王女。
バルフレアの行動に動揺し、
「あなたが死んだら、私は・・・!!」
って

い つ そ ん な 話 に ! ?

いきなりそんなこと言われても困ります。
バルフレアがアーシェを気に入ってたのは分かってるんですよ。
バルフレアが過去を打ち明けたのはアーシェだけですし。(フランは別格)
アルシドがアーシェにちょっかい出すたびに嫌そうな顔してましたし。
事あるごとにさりげなくそばに立ってたり。

でもアーシェは?
「殿下はきみを頼っている」というバッシュの言葉のほかは、
打ち明け話のせいでバルフレアが多少気になるって程度じゃなかったですか?
抑えていた自分の気持ちをやっと出せた、という表現なんでしょうか。
ぶっちゃけいらないと思いました。

だってそれじゃあ「Kiss Me Goodbye」はバルフレアとのことになっちゃうでしょ。

バルフレアは私のものだ!アーシェにも誰にもやらーん!(待て)
[PR]
by nagikoku | 2006-06-25 04:26 | ゲーム
空中要塞バハムート
さあ完徹で最終決戦だFF12。

シュトラールでバハムートに突入する一行。止めるオンドール。
「待ってください、ラーサー・ソリドールです!オレも一緒に行くから!」
ボイスチェンジャーの出番キタ-----!!
なのに使いこなせてねええぇぇ。どこまでもヴァンのアホー。

ガブラスが生きてました。
弟「気が済んだか」
兄「俺の台詞だ」
真顔でコントやってんのかと思いましたよ。
兄「生きて、償うんだな」
うんうん。生きてて良かったね。

そしてヴェイン戦。
ラーサーがとうとう兄に刃を向けました。
ヴェインが悪役すぎるから仕方ないですね。ここまでじゃなくても良いと思うんですけど。

さらにヴェイン戦。
醜いです。あんまりです。
ガブラスが加わりました。ラーサーを連れて避難すればいいのに。
「なあバッシュ。悪くない、主だろう・・・」
倒れたガブラスが死ぬんじゃないかと気が気じゃありませんでした。
呼吸を確認して、最終決戦へ。
私どんだけガブラス好きやねん。

ラスボス。
なんちゅうもん作ってくれたんだ。としか言いようがありません。
[PR]
by nagikoku | 2006-06-24 18:09 | ゲーム
大灯台2
ボス戦で連戦はキツイですFF12。

ガブラスの声が鎧にこもって聞き取りにくいです。
王女は復讐を捨てたのに、なぜ戦おうとするのですか。
兄弟和解とかありえないんですか。
せめてもう少し過去を語ってください。
バッシュを憎んでいるのは何故なのかを。

さてひと段落ついたかと思いきやシド登場。付いて来とったんかい。
ガブラスに酷いことを言ってます。そりゃまあ自業自得だけど。
でもガブラスを吹っ飛ばしたのは許せません。
死ぬなガブラスー!

シドが1度だけ息子の名を呼びました。
「情けない顔をするな。逃げるなら逃げ切ってみせんか」
最期にちょっと良い人になるのはお約束ですね。
つーか「ファムフリート」って、息子の名前が入ってるんですよね。
これも愛のカタチですか。

「できるだけ遠く・・・逃げるのよ・・・最速の空賊バルフレア、でしょ」
フランが死ぬのかと思いました。
なぜ頬を撫でるのか。しかもその手を握り締めるなんて、まるっきり恋人じゃないですか。
このふたりの関係も怪しいよなあ。
ぜひとも出会いを知りたいものです。
[PR]
by nagikoku | 2006-06-24 17:31 | ゲーム
大灯台
終わりの見えない最終ダンジョンFF12。
とにかく終わらせないと、気になって映画にも行けないので頑張りました。

レダスも加え、なりふり構わず突き進みます。
異空間でのボス戦があるのですが、マバリアで魔法攻撃を無効化され、絶対防御で物理攻撃を無効化されたときには終わりだと思いました。
だって攻撃する方法ないやんけ。
時が解決してくれましたが。

他にもバトルコマンドを封じられるフィールドがあったり。
ナビマップに写らない道があったり。
ダミーの転移装置があったり。
攻略情報ナシで頑張った自分を褒めたいと思います。

幻を断ち切り、真の道へ至れ。

幻とはラスラのことに違いありません。
アーシェはラスラの幻影を断ち切り、そこで主題歌「Kiss Me Goodbye」が流れると!
思ったのですが流れませんでしたね・・・。あれ、じゃあどこで流れるの。

帝国を滅ぼすの?
破壊があなたの願いなの?
私の義務は復讐なの?
アーシェの問いかけが切なかったです。

そしてガブラス登場。
どうしてそう悪役ぶるのか。
ラーサーの目として来ていることを忘れていないか。
仕方のない人ですね。

レダスの正体が明らかになりました。
ヒントはいっぱいあったのに、ここまで気付けなかった自分が悔しいです。
[PR]
by nagikoku | 2006-06-23 15:37 | ゲーム
終わってる
今日の始業前、聞こえてきた会話。

「日本代表の次の監督さんは誰でしょうねー?」
「あー、ジーコの次かあ」

1試合も観戦していない私が言うのもアレですが、
せめてブラジル戦の話をしてあげてはどうだろうか。
[PR]
by nagikoku | 2006-06-20 23:22 | 日記つれづれ
リドルアナ大瀑布
いよいよクライマックス直前かFF12。

ガブラスが動きだしました。ヴェインの命令で、ですけど。
どう考えてもヴェインの狙いはガブラス vs バッシュだと思います。
「たどり着くさ。この私にふさわしい場所へな」
のセリフからして、ヴェインは戦争をやめる気なんかさらさらなさそうですし。
この腹黒狸め。
分かってたけどさ。

「俺に万一のことがあったら、お前がシュトラールを飛ばせよ」
「何だよ、万一って」
「色々あるのさ、俺は主人公だからな」

バルフレア!?
何する気か知りませんが、主人公なら万一などありえないんですよ。
君は主人公じゃないんだから、縁起でもないこと言わないで下さい。

レダスがゲストに加わりました。
彼のショッキングピンクの短パン(スパッツ?)がどうにも気になって仕方ありません。
パーティメンバーのレベル上げの為に、ボス戦まで戦闘不能になってもらうことにしました。
フィールドに出た途端、全員で一斉攻撃。
鬼畜とお呼びください。
[PR]
by nagikoku | 2006-06-18 22:57 | ゲーム
古代都市ギルヴェガン
もうどうにも止まらないFF12。
精霊と出くわして死ぬかと思いました。

シドの言っていた、歴史を人間の手に取り戻す、の意味が分かりました。
ただ、犠牲を厭わず大戦への道を突き進むヴェインは止めなければならず、
そうなると必然的にシドやヴェーネスとも敵対することになってしまいます。
このままだと結局オキューリアたちとヴェーネスとの代理戦争になるような気が・・・。

陰から糸を引くオキューリアたちは、帝国の元老院に似ていて好きになれません。
対するヴェーネスの言い分には賛同できます。
ヴェインとシドのやり方が問題なんですけども。

ラスラの生存は既にあきらめましたが、何故ラスラがアーシェを導くのかが分かりません。
アーシェが暁の断片を砕こうとした時には首を振っていましたし、
とにかくアーシェに破魔石を持たせたい様子です。

「破魔石を平和のために使ってくれ」というラスラの残留思念だったら良いのですが。
オキューリアの見せる幻、とかだったら嫌だなあ。

アーシェは復讐の道を選ばないとは思いますが、大戦は避けられないでしょう。

だからラスボスは誰なんだ。
結局ヴェインか?ヴェーネスか?
それともオキューリア?ゲルン王?
[PR]
by nagikoku | 2006-06-17 22:55 | ゲーム